ジビエでおなじみの「米とサーカス」で日本ワインを探す

ポートフォリオ

※昆虫やジビエの苦手な方は閲覧注意!

高田馬場駅から徒歩1分の「ジビエ」と呼ばれるお肉を提供頂ける、こちらのお店へ。

 

「米とサーカスとは」

HPから引用してみますと、

気軽に楽しめる”居酒屋ジビエ”
ハンターが狩りをして捕えた野生の鳥獣“ジビエ”。
フレンチやイタリアンの高級食材として有名なジビエを、米とサーカスでは居酒屋料理として気軽にお楽しみ頂けます。
「興味はあったけれどなかなかキッカケがなくて…」そんな方のはじめてのジビエ体験を、ぜひ当店で!

https://gam0700.gorp.jp/

ジビエとは、狩猟によって、食材として捕獲された野生の鳥獣を指します。

なので、よくスーパーで取り扱いのある「牛肉」、「豚肉」、「鶏肉(ブロイラー)」はございません。

なんと行ってもこのお店は、特殊肉や食用の昆虫など普段生きているだけでは見かけない食材を扱うお店です。

外観は、照明の影響もあって怪しい雰囲気ですね。

 

店内には気になるものがイッパイ

ここが店内のカウンター席です。

座席は1階がカウンター席で2階がテーブル席(団体用)です。

気になるものがここからでもわかりますね。

手前がサソリ酒で奥がハブ酒。

滋養強壮にいいそうです。

都内で頂けるとは。

ちなみに意外と人気のあるお酒は通称「G酒」らしいです。

G酒とは、「ゴキブリ」!

お酒は他にも薬膳酒があるのでこういったお店に来る方はこちらを注文するのがおすすめです。

そして実は日本ワインが注文出来ます!

月山山麗トラヤワインの赤白がラインナップ。

今回は、白ワインにしました。

 

気になる注文した料理は?

まずは、無難に大人のポテトサラダ。

アンチョビが入っているだけなので、特に問題なく頂けます。

しかしそうこうしているうちに、

鉄板が置かれて…

ジビエ肉!

台湾に生息する鹿のキョン、ワニの焼き肉を頂く。

キョンは、レバーのような感じで、ワニは鶏肉に近いかな?

それだけだと不安なので鹿肉のつぼ漬けを注文。

味付けが濃いですが、多少鹿肉の野生感が残っている感じがいいです。

そして今回完全にメインで注文したかったのは、

中央のイラストのインパクトにおされて…

鹿の大事な部分(キン〇マ)を揚げている料理を頂きました!

脂身だからか口に含むと溶けます。

少し獣の香りが鼻から抜けますが元気いっぱいになります!

(苦手な方は写真を見られない事をおすすめします)

〆には、まかないメシを注文!

これはお腹に余裕がありましたら是非注文してほしいです。

しょうがで味付けしています。

お肉の脂と相まって美味しい!

 

いかがでしたでしょうか。

高田馬場にも日本ワインのあるお店がありましたのでぜひお近くに寄った際は参考にして頂けると幸いです。

 

 

米とサーカスの詳細情報

住所:東京都新宿区高田馬場2-19-8

営業時間
【店内での営業】
平日:17:00〜0:00
(ラストオーダー:23:30)

土日祝日:15:00〜0:00
(ラストオーダー:23:30)

【テイクアウト】
平日:17:00〜23:00
土日祝日:15:00〜23:00

定休日:無休(年始のみ)

#日本ワイン#日本ワイン好き#日本ワインを日常に#米とサーカス#高田馬場#特殊肉#日本ワインを提供する飲食さん応援ページ#コロナフードアクション#ダブルピース#ダブルピースケンゴ#ここにもあったよ日本ワイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました