今回は、城戸ワインヴェルデレー2019を飲んでみた感想をここに記す事にした。

ポートフォリオ

自宅で日本ワイン×セイベル9110×城戸ワイン ヴェルデレー2019 パート38としてこちらの貴重なワインを。

 

HPを参照すると、「自社農場の中で一番標高の高いところに位置する「マウント ヒエイ ヴィンヤード」のヴェルデレー種を主に使用しています。ヴェルデレー種はフランス人のアルベール・セイベル氏が交配によって作り出した品種で別名セイベル9110種とも呼ばれます。このワインは焼きリンゴ、洋ナシなどを連想させる華やか且つ爽やかなアロマを持ち、すっきりしていながらも、程よい旨味を感じさせる味わいです。ワインの旨みを残すためノンフィルター(無ろ過)でボトル詰めをしております。そのためブドウや酵母菌由来の成分による濁りや沈殿物がございますが、品質には何ら問題ございませんのでご安心ください。」とのこと。

 

別名セイベル9110。スッキリとしながら酸がしっかり。フレッシュ感あっていいですね!これだと早飲みで美味しく頂けます。アロマ香がとても心地よいワイン。

 

ヴェルデレー種として表記している日本ワインって後は月山ワイン ソレイユ・ルバン ヴェルデレーが印象的。

 

HPを参照すると、「山形県庄内地方で栽培されたヴェルデレーを100%使用。 主に東北地方などの寒冷地で栽培されている品種です。ヴェルデレー種はフランス人のアルベール・セイベル氏が交配に よって作り出した品種で別名セイベル9110種とも呼ばれます。
柑橘系のグレープフルーツの爽やかな香りと味わい豊かでフレッシュな酸味が特徴のスッキリとした辛口白ワインに仕上げました。」とのこと。

 

城戸ワインもマウント ヒエイ ヴィンヤードという最も標高の高い位置にある畑で栽培されたヴェルデレー種ですので、ブドウは酸がしっかりと残り、ワインも酸味が感じられます。北海道でも多く栽培されているということでやはり寒い地域でも強く育ってくれる品種ですね。

 

 

ラベルは変わらず奇麗な色合い。

 

 

醸造責任者の城戸亜紀人さんの直筆あります。

 

そしてアルクマにもついにスケッチブック持たせて!実は正面で描くのと、カラーは初めて。参考にしたのはこちらの画像です。

 

 

書いてると愛着わくな(笑)

 

Kidoワイナリーホームページ

#日本ワイン
#日本ワイン好き
#日本ワインを日常に
#ダブルピース
#ダブルピースケンゴ
#ここにもあったよ日本ワイン
#おうちで日本ワイン
#コロナに負けるな
#城戸ワイン
#オータムカラーズ
#ヴェルデレー
#セイベル9110
#スケッチブック
#アルクマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました