駒園ヴィンヤード×へそくりブランを飲んだのでブログにしてみた。

ポートフォリオ

自宅で日本ワイン×駒園ヴィンヤード×へそくりブラン パート56としてこちらのワインを頂く。

 

駒園ヴィンヤード×へそくりブラン

以前投稿した酒屋さんでゲットしたワインを早速抜栓。

 

 

こちらのワイナリーさん公式HPはないですが、以下HPより引用すると、

駒園ヴィンヤードは、1952年の創業時より全ての商品を山梨県産ブドウ100%を使用したワイン造りを続けています。

https://www.yamanashi-kankou.jp/kankou/specialty/n_6987.html

2019年より五味葡萄酒株式会社から社名が変更になりましたので、お名前が馴染むのはこれからでしょうか。

 

早速抜栓後の感想を。

見た目は、想像以上に淡い黄色。香りは仄かな柑橘香。冷たく頂くのがグッドです!
味わいは少し甘さを、感じますがその後は酸が程よく。あまり細かいことを考えずに頂けるワインですね。

 

 

ラベルの面を変えてみますと、

マルチヴィンテージでマルチセパージュと言う事なのでこの香り、味わいを表現しようとすると迷子になります!こちらのワインは文字通り、駒園ヴィンヤードさんの貯蔵庫の奥に眠っていたワインをボトリングしており、地元で消費されてしまうワインだそうです。そんなワインなので、ワイナリーでしか基本的には買えないワインですが、今回はご縁があって購入。そんなワインと一夜を共に明かしました。

 

 

値段的にはデイリーワインとして買えるので購入出来る場所増えたら良いなぁ…なんて考えてます。

 

 

試したマリアージュ

佐藤錦

もはやレギュラーメンバー。甘酸っぱさの甘さがもともとあるので、へそくりブランと合わせると酸が際立ちます。

 

 

うーん。△

 

 

ウッディファームのドライフルーツ シャインマスカット

今回はこちらのおつまみを初トライ。裏面を引用すると、

ウッディファームのドライフルーツは、果物本来のおいしさと栄養を大切にするために、独自の常温乾燥システムで、ゆっくり丁寧に干しました。ドライフルーツの素朴でナチュラルなおいしさを味わいください。(自社畑産ブドウ100%使用)

粒が大きく、皮を残して干しているので旨みが凝縮されたドライフルーツです。この旨み・甘さがワインの酸に勝つので調和されてかなりバランスが良くなります。

これは◎。というよりこれは多くのワインと相性が良さそう。

 

 

今回マリアージュした商品達

 

ウッディファームのドライフルーツ シャインマスカット

大粒ブドウを半分に割り、常温でゆっくり乾燥しました。しっかりとした甘味・酸味・皮の旨みすべてが凝縮されています。山形県上山市内自社畑産シャインマスカット100%使用

https://www.woodyfarmonline.jp/
オンラインショップ | ウッディファーム&ワイナリー | 山形 | 上山市 |
山形県上山市(かみのやま)の蔵王山麓にある、ウッディファーム&ワイナリーのオンラインショップです。 さくらんぼやラ・フランス、果物の加工品(ドライフルーツなど)、自社畑のワイン用のブドウや西洋梨でワインをつくっています。

 

 

駒園ヴィンヤードの情報はこちら

〒404-0054 山梨県甲州市塩山藤木1937

電話番号:0553-33-3058

営業時間:10:00~16:00

定休日:土日祝日

HP:https://www.facebook.com/comazono/

 

#日本ワイン
#日本ワイン好き
#日本ワインを日常に
#おうちで日本ワイン
#コロナに負けるな
#おうちでへそくりブラン
#駒園ヴィンヤード
#へそくりブラン
#スケッチブック
#ダブルピース
#ダブルピースケンゴ
#ここにもあったよ日本ワイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました