【2021年度版】都内で角打ちの出来るお店9選

イベント・コラム

今日は外で飲みたいけどお店に入るほどではないよな…、と思ったそんなあなたにぜひおすすめしたいのは、角打ち出来るお店です。

そこで今回は、角打ち可能なワインのあるお店をご紹介します。

ちなみに7月11日は角打ちの日と言われているそうです。

いつか何か大々的にイベントが開かれることを願ってます。

そもそも角打ちとは

角打ち (かくうち)とは、酒屋の店内において、その酒屋で買ったを飲むこと。また、それができる酒屋のこと。
語源は諸説あり定かではないが、「角打ち」の名称は「量り売りされた日本酒を、四角い枡の角に口をつけて飲むこと」、「酒屋の店の隅(角)で酒を飲むこと」などに由来すると言われる[3]。類似した形態の店は、近畿では「立ち呑み」、東北地方では「もっきり」、鳥取県・島根県東部では「たちきゅう」と呼ばれる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/角打ち

多くの呼ばれ方をされる角打ちですが、今回は酒屋さんで買ったお酒を楽しむことも出来るお店を含めてご紹介して行きたいと思います。 

鈴木酒販 三ノ輪本店

まずご紹介するのは、東京都台東区にある地酒専門店の「鈴木酒販 三ノ輪本店」です。

最寄り駅は、東京メトロ日比谷線または都電荒川線の三ノ輪橋駅で、下町にある「鈴木酒販 三ノ輪本店」では日本酒を始め、日本ワインやクラフトビールまで地酒が充実しております。

鈴木酒販では、店内で購入した商品も角打ちスペースで飲食が可能ですが店外からのお持ち込みはできません。
またお店独自で日本酒は、1グラス300円より季節の地酒メニュー(8種~10種類)の提供があったりするので結構気軽に楽しめるお店になります。

そして意外と盲点なのが、品質管理のため、夏場でも店内の温度が低いので冷え性の方は、羽織もののご用意があった方がいいです。

ちなみに系列店として、鈴木酒販神田店もございますので神田や秋葉原が近い方は神田店もご利用ください。

鈴木酒販 三ノ輪本店の詳細情報

住所:〒110-0003 東京都台東区根岸5丁目25−2

電話番号:03-3802-8752 

営業時間 11:00~21:00(角打ちのラストオーダーは閉店30分前)

定休日:水曜 

shop-suzukishuhan.com

相模屋平助商店

続いてご紹介するのは、東京都千代田区にある「相模屋平助商店」です。

最寄り駅は、東京メトロの半蔵門駅で、打って変わってオフィス街にある酒屋さんになります。

外観からはたばこ屋を思わせるような雰囲気ですが、店内は飲食可能なスペースが存在し、アルコール類は1階と地下1階に商品があるので選んで購入可能です。

特に地下1階には、世界各国のビールからワイン、焼酎に日本酒まで並ぶ酒蔵があり、すべて購入可能です。

午後5時以降は1階のカウンターで購入したアルコール類をお楽しみいただけます(ボトル毎にチャージ料金がかかります)。

相模屋平助商店の詳細情報

住所:〒102-0082 東京都千代田区一番町6

電話番号:03-3261-4467 

営業時間:平日8:00~21:00

定休日:土・日・祝日

相模屋平助商店のカウンター|東京半蔵門、麹町の老舗酒屋で、千代田区周辺の配達も対応。
相模屋平助商店は東京半蔵門、麹町すぐの創業120年の老舗酒屋です。日本酒から世界各国のワインも取り揃える小売中心の酒屋で、千代田区周辺の中央区、港区、台東区エリアの配達も承ります。店内カウンターではタバコやコーヒー、軽食、夜はお酒を楽しめます。

過去に来店した投稿はこちらから

  

三益酒店

続いてご紹介するのは、東京都北区にある「三益酒店」です。

最寄り駅はJR赤羽駅ですが、駅から少々歩く場所にあるため立地は決して恵まれていない角打ちの出来る酒屋さんです。

しかしながらお店の最大の特徴である、三姉妹が切り盛りしている独自性があって地元ではとても人気のお店です。

三姉妹それぞれが異なる担当を受け持ち、イベントも定期的に開催されます。

角打ちはカレンダーで日程が決まりますので詳しくは三益酒店の公式HPをご覧ください。

ちなみに角打ちの際は、お店でアルコール類を買う以外に日本酒の量り売りもして頂けます。 

三益酒店の詳細情報

〒115-0054 東京都北区桐ケ丘1丁目9−1

電話番号:03-3907-0727          

営業時間:火~日 10時00分~20時00分   

定休日:月曜日         

www.mimasu-ya.com

過去に来店した投稿はこちらから

 

Tasting BAR 柴田屋酒店

続いてご紹介するのは、東京都中野区にある「Tasting BAR 柴田屋酒店」です。

最寄り駅は東京メトロ丸ノ内線の新中野駅から徒歩2分ほどで見つかる駅近の酒屋さんです。

店内の特徴は酒屋さんとバーが併設しており、酒屋さんで購入したお酒をバーに持ち込むことが可能ですが、純粋にバーでお酒を飲みに来るだけでも問題ないお店です。

厳選ワイン約1000種、世界のクラフトビール約100種を取り揃えていたり、お酒に合う輸入食材やワイングッズ、酒器も販売しておりますのでどちらかと言うとお酒に凝った方々が楽しめるお店になっております。 

ちなみに自社でクラフトビールも醸造しております。

 

Tasting BAR 柴田屋酒店 本店の詳細情報

〒164-0011 東京都中野区中央5丁目3−11


電話番号:03-5342-5139          

営業時間 月~土 11:00~23:00
(L.O. フード22:00、ドリンク22:30)
     日 11:00~21:00
(L.O. フード20:00、ドリンク20:30) 

 

過去に来店した投稿はこちらから

 

銀座君嶋屋

続いてご紹介するのは、東京都中央区にある「銀座君島屋」です。

最寄りは東京メトロ銀座線の銀座一丁目駅で歩いていくとJR東京駅もしくは有楽町駅から向かうと見つけることが出来るお店です。

高架下にあるので少しわかりにくいかもしれないですが、大通りに面しているので探しやすいお店になります。

スタンディングバーでは日本酒を常時10種類以上注文することが出来ますが、注目は週末に登場する、飲み比べセットや特別なワインです。

ここに希少な日本酒や日本ワインが注文出来る日があるので気になる方はぜひHPにイベントスケジュールも載っているのでチェックしてみてはいかがでしょうか。

ちなみに系列店として恵比寿に、「横浜君嶋屋 恵比寿店」もございますので恵比寿駅が近い方は恵比寿店もご利用ください。

 

銀座君島屋の詳細情報

〒104-0061 東京都中央区銀座1丁目2−1 紺屋ビル 1F 

電話番号:03-5159-6880

営業時間:月~金 10:30~21:00
     土 10:30~20:00
     日・祝 10:30~19:00 

www.kimijimaya.co.jp

過去に来店した投稿はこちらから

  

市松屋

ichimatsuya.tokyo

続いてご紹介するのは、深川ワイナリーを経営している株式会社スイミージャパンの系列店「市松屋」です。

最寄り駅は清澄白河駅という下町の駅で、駅を降りたすぐ目の前のショップなので立地は最高です。

店内には「ガイヤの夜明け」でも紹介された深川ワイナリーのワインや常時5~6種類のグラスワインのテイスティングサービスを実施しており、角打ちも出来ます。

その他日本ワインや海外のワインも販売しており、もちろん角打ちでも頂くことが出来ます。

そして専用ボトルをご購入頂ければ、樽生ワインの量り売りもございます。ボトルワインは100種以上ありますので、是非お好みのワインを見つけてみてください。

代金は先払いでメニューは日替わりですのでいつ行っても楽しむ事が出来ます。

ちなみに店内には、以前アートギャラリーへお邪魔したことがある方の人物画のコルクアートが飾られており、その大きさに圧倒されることでしょう。

  

市松屋の詳細情報

住所:〒135-0021 東京都江東区白河2丁目14−8

電話番号:03-3641-9188
営業時間:11:00~21:00
定休日:不定休

www.ichimatsuya.tokyo

コルクアートのアートギャラリーへお邪魔した際の投稿はこちらから

 

宮田屋

続いてご紹介するのは、東京都中央区にある「宮田屋」です。

最寄り駅は、東京メトロ日比谷線の八丁堀駅で、駅から徒歩1分と非常に恵まれたお店です。

もちろん角打ちの出来るスペースのあるお店になりますが、このお店最大の特徴は、1階はスタンディングバー、2階はバル、3階はビストロと階が上がると落ち着いた店内になっていくところです。

モットーは、「旨い料理を提供し、気軽にお酒を楽しめる店」でstandberの先がけとして、愛されているお店です。

アルコール類の豊富さも魅力で、販売するワインを酒屋価格に+500円という低価格で持ち込むことができることもメリットです。

宮田屋の詳細情報

住所:〒104-0032 東京都中央区八丁堀3丁目22−10

電話番号:03-3551-4538

営業時間
月~金 11:00~22:00
土 12:00~22:00

定休日:日曜日

maru-miyataya.com

No.501

続いてご紹介するのは、東京都港区国立競技場が見える場所にある「no.501」です。

最寄り駅は東京メトロ銀座線の外苑前ですが駅から少し歩く隠れ家的なお店です。

最大の特徴は店内が2つのスペースで分けられていることです。

まず入口を入るとワインストアというスペースでワインをアートのように飾っており、奥へ抜けるとワインテーブルというワインを五感で感じてもらうことをコンセプトにした空間が広がります。

抜栓料2,000円でぜひ五感でワインを感じてみたい方にはおすすめのお店です。

ちなみに11月30日には世田谷区で系列店としてno.502がオープンいたしましたので要チェックです。

no.501の詳細情報

住所:東京都渋谷区神宮前2-5-4 SEIZAN外苑 1F

営業時間
平日 月〜土 12:00~24:00(ランチは14:30まで)
   日・祝 12:00~22:00

定休日:不定休   

電話番号:03-6721-0510

bottle.tokyo

no.501へお伺いした際の投稿はこちらから

IMADEYA SUMIDA(イマデヤスミダ)

続いてご紹介するのは、IMADEYA SUMIDA(イマデヤスミダ)です。

最寄りはJR・東京メトロ錦糸町駅のすぐ近くにあるパルコのフードコート内にあるお店です。

最大の特徴はグラスワインも注文出来る上に角打ちとしてお酒を購入するだけではなく、隣接したフードコートの食事と共にお酒を楽しむ事が出来る点です。

そして、千葉に本店を構えるIMADEYA(イマデヤ)は歴史のある酒屋さんでなおかつ日本ワインにも力を入れているので日本ワインをとくに楽しみたい方にはぜひおすすめです。

IMADEYA SUMIDA(イマデヤスミダ)の詳細情報

住所:〒130-0022 東京都墨田区江東橋4丁目27−14 錦糸町パルコ IMADEYA SUMIDA

電話番号:03-5669-0027 

www.imaday.jp

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました