朝からカフェ出来る!SAGAMIYA(相模屋平助商店)とは

ポートフォリオ

東京では、角打ちの出来る酒屋さんを多く見かけます。

しかしながら、日本ワインがおいてあるお店で日本ワインを飲めるお店というのは意外と限られているものです。

今回は、そんな日本ワインを角打ちで頂くことが出来る酒屋さんを紹介して行きたいと思います。

SAGAMIYA(相模屋平助商店)とは

相模屋平助商店は、日本の真ん中、東京の真ん中の千代田区一番町で、明治18年より皆様に愛されてまいりました。いつもご利用くださり、誠にありがとうございます。
半蔵門駅周辺は、大都会にありながら皇居の豊かな緑と千鳥ヶ淵や英国大使館の美しい桜に囲まれた、情緒あふれるエリアです。歴史を彩るさまざまな出来事を身近に感じながら、130年以上もの長きにわたり酒屋をここで営んでくることができ、本当に幸せなことと感謝しております。
相模屋では、清酒・焼酎を地域の方々にご紹介しつつ、世界各地のワイン、ウィスキー、中国酒なども取り揃えております。
“大好きなお父さんの誕生日にプレゼントするお酒”
“お仕事の帰りで少し気分転換なさりたい時にのんびり眺めてみるウィスキー”
“去年旅したトスカーナで見た教会のラベルをつけたワイン”
お酒を口にして幸せになるためだけでなく、リラックスしたり自分の夢に思いをはせたりすることができるような空間を、お酒を介して皆様とともにつくっていきたいと思っております。いつでもお気軽にお立ち寄りください。

www.bancho-sagamiyaheisuke.jp/

創業130年以上の酒屋さん。
半蔵門付近でずっと経営をされているのがとにかく驚きです。

なにより最大の特徴は、朝8時からやっているカフェ営業をしていることが特徴です。
よくわからない方もいるかもしれないので早速店内を見て行きましょう。

店内の様子は…

木造の造りですが、間接照明も相まってとても落ち着いた店内です。

奥の冷蔵庫には、冷えたボトル達がまるで店内で飲んでもらえることを今か今かと待っているように見えます。

朝カフェもこのテーブルで楽しめますし、ランチから夜まで利用可能です。

お酒を飲む場合は、日本酒一升瓶は除いた、日本酒、ワイン、焼酎、ウィスキーが800円のチャージ料金で頂くことで購入したお酒を持ち込むことが可能です。

そして店内は1階だけではなく、階段を下って地下1階に酒蔵があるのです。

地下の酒蔵をチェック。

所狭しと並ぶお酒たち。

もちろんワインは日本以外のワインもずらり。

日本ワインの棚を発見です。

ワインを見る限り、中央葡萄酒 あけの以外は大体3000円以内で購入できるワインが多い印象です。

特に驚くべきは店頭であまり見かけることのない、熊本ワイン 菊鹿シャルドネがここでは買うことが出来ます。

棚はこちらにもあり、熊本ワイン 菊鹿シャルドネはここにも置いてあります。

白百合醸造のロリアン新酒アジロン2020も販売されており、角打ち用のワインも置いてある印象です。

自宅用でも角打ち用でも楽しめます。

最後に

いかがでしたでしょうか。

半蔵門・麹町といういわゆるオフィス街にある酒屋さんですが、朝からカフェも楽しめますし、仕事終わりに角打ちを楽しむ事が出来ますのでぜひお近くへ寄った際には来店頂けますと幸いです。

SAGAMIYA(相模屋平助商店)の詳細情報

住所:〒102-0082 東京都千代田区一番町6

電話番号:03-3261-4467

営業時間:8時00分~21時00分

定休日:土曜日、日曜日、祝日

相模屋平助商店は東京半蔵門、麹町の老舗酒屋。千代田区周辺の配達も対応。
相模屋平助商店は東京半蔵門、麹町すぐの創業120年の老舗酒屋です。日本酒から世界各国のワインも取り揃える小売中心の酒屋で、千代田区周辺の中央区、港区、台東区エリアの配達も承ります。店内カウンターではタバコやコーヒー、軽食、夜はお酒を楽しめます。

SAGAMIYA(相模屋平助商店)に興味を持った方はこちらもおすすめです。

コメント

  1. […] 続いてご紹介するのは、東京都千代田区にある「相模屋平助商店」です。 […]

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました