仁木町のワイナリーを知る【ベリーベリーファーム、ル・レーヴ・ワイナリー編】

イベント・コラム

みなさんは、オンラインイベントにはどのくらい参加されてますでしょうか。

コロナ感染症の影響で、多くのリアルイベントが中止になる中でオンラインイベントが数多く開催されることとなりました。

そんな中で日本ワインが配送されるイベントとして、「<ランチ編>オリジナルワインと希少×高級なシャインマスカットをお届け!果実の町・北海道仁木町をめぐる大人のおいしい旅 」というイベントが開催されて2つのワイナリーについて伺えたので今回は2つのワイナリーについて紹介して行きたいと思います。

キッチンハイクとは

食と文化を旅しよう ~Taste the World~

というコンセプトのもとイベントが開催されております。

参加方法は、
「参加する」…食と文化を旅できるオンラインイベントを開催しています。会ってみたい人たちとイベントでつながれます。
「買う」…食と文化を旅できるオンラインストアです。 食いしん坊たちの「食べてみたい!」を取り揃えています。

の2つです。

今回は「参加する」にて開催されたイベントです。

 

イベント参加して届いたものは…

ランチからオンラインイベントに参加し、事前に届いたシャインマスカットとワイン2本を楽しみました。

ワインはベリーベリーファームのICHIとル・レーヴ・ワイナリーのMUSUBI。

それぞれのワイナリーについてもお話を伺う事が出来ましたので早速2つのワイナリーについてふれて行きます。

 

 

ベリーベリーファームとは

農業生産法人(株)自然農園は2000年に北海道余市郡仁木町に産声を上げたオーガニックファームです。40haに及ぶ広大な畑ではブルーベリー、ラズベリー等を始め、ミニトマト、プルーン、ぶどう、さくらんぼ等多くの作物を作っています。畑は土壌作りから【農業ICT】を駆使し、徹底したこだわりの管理を行い全ての作物は【有機JAS】と【特別栽培農産物】認定を取得しています。ジュース、ワイン等の加工も全て自社で行い、皆様に安心・安全で美味しい北海道の味をお届けしています。

オーガニックなつくりにこだわるの農業法人です。

そんな中で今回頂けたワインが写真の左の『ICHI -B 2019(ICHI Blanc)』

『ICHI -B 2019(ICHI Blanc)』
香りがよく酸がきれいなワインは、お肉料理などにもぴったり。
農薬を一切使用せずに大切に育て上げたピノ・グリを100%使用した、体に優しいオーガニックワインです。

 

ル・レーヴ・ワイナリーとは

ル・レーヴ・ワイナリー。「レーヴ」とはフランス語で「夢」の意味。
ル・レーヴ・ワイナリーのマークには、「ばく」がモチーフのキャラクターがデザインされています。この「ばく」には、悪夢を食べてもらい、いい夢だけを持ち帰って欲しいという思いが込められています。
2018年・2019年は岩見沢の10Rワイナリーで委託醸造をし、2020年からは自社の醸造棟での醸造を予定しています。

ル・レーヴ・ワイナリーのワインは写真の左『MUSUBI 2019 ~結び~』

『MUSUBI 2019 ~結び~』
シャルドネ、ムニエ、トラミーナ、ピノ・グリ、ピノノワールの5品種を使用した混醸ワイン。余韻の長い果実の凝縮感と、心地よい酸のあとに感じるやや控えめな苦みのバランスが絶妙です。

とりあえず、仁木町のゆるキャラ「ニキボー」がかわいらしくて満足。

スケッチブックでもまぁまぁの仕上がりで良かった。

またイベントに参加したいところです。

キッチンハイクでは、オンラインイベントが開催されておりますので宜しければ覗いて頂けると嬉しいです。

もっともぐもぐ、ずっとわくわく。 - キッチハイク -
食べることを通じて、人に出会い、文化を知り、地域とつながろう。 オンラインでどこからでも参加可能な、ここにしかない食体験がそろっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました