【2022年再販売】シルスマリア ソラリス生チョコレートを実際に食べたレビュー

ポートフォリオ

みなさん、チョコレートはお好きでしょうか。

今回ご紹介するのは、シルスマリアから販売されております「シルスマリア ソラリス生チョコレート」について紹介して行きたいと思います。

シルスマリアと言えば、1988年に生チョコレートを誕生させたお店でございます。

シルスマリアでは、竹鶴ピュアモルト生チョコレート赤武生チョコレートのようなお酒を使用した生チョコレートが販売されております。

そんな中で日本ワインを使用したチョコレートも販売されております。

日本ワイン好きであれば一度実食してみてほしいお菓子です。

早速見て行きたいと思います。

日本ワインとは日本国内で栽培されたぶどうを100%使用して日本国内で造られたワインの事を指します。

こんな人にオススメ!
・日本ワイン好き(特に甲州を使ったワインが好き)
・チョコレート好き
・ボンボンショコラなどのお酒の入ったお菓子が好き

シルスマリア ソラリス生チョコレートとは?

10年以上育成した貴重なワイン「ソラリス古酒甲州」とコラボレーション。
古酒甲州の長期熟成により生まれた複雑な香りは、ホワイトチョコレートと組み合わせることでよりフルーティーな味わいに。
今までにない生チョコレートに仕上がりました。

【シルスマリア】ソラリス生チョコレート 2022年2月1日(火)~2月14日(月)|JR東日本公式 エキナカの商品が予約できるサービス ネットでエキナカ|1F イベントマルシェ「グランデュオセレクション」コーナー (net-ekinaka.com)

木箱に入った高級感のあるチョコレートですね。

木箱からも木のいい香りが感じられます。

バレンタインデーのプレゼントには持って来いのおしゃれチョコレートです。

ここで商品情報をチェック。

栄養成分表示(100g当り):エネルギー487kcal/たんぱく質6.3g/脂質31.4g/炭水化物44.9g/食塩相当量0.2g/アルコール度数1%
原材料名:チョコレート(ベルギー製造)、ワイン、乳糖を主要原料とする食品、粉砂糖/乳化剤、酒精、リンゴ酸、香料、グリセリンエステル、pH調整剤、酸化防止剤(亜硫酸塩)、安定剤(増粘多糖類)、プロピレングリコール、(一部に乳成分・大豆を含む)内容量:16個

早速パッケージを開けていく!

パッケージを開けていくと見えてくるのは四角くて白いチョコレート。

パッケージから取り出してみると、黒いトレーに乗ったホワイトチョコレートが16個。

包装されて入っております。

包装を取ってみると、チョコレートの甘い香りが広がります。

美味しそうです。

全部食べられない場合は、しっかりとふたを閉めて冷蔵庫で保管出来ますが、生チョコレートなので早めに食べて頂くのがいいです。

いざ実食!

箱の中に入っているフォークで食べて行きましょう。

1つフォークを使って食べてみると、意外と固いです。

生チョコレートという名前のイメージだとしっとりしてそうですが、そうでもないみたいです。

でもフォークがちゃんと入りますので、1つずつ食べられますね。

ホワイトチョコレートとぶどうの甘い香りが感じられ、よく香りを感じていくとぶどうの皮の渋さも少し感じられます。

口当たりは、しっとり口どけ系。

味はマスカットの甘味とホワイトチョコが口の中で混ざり合って、鼻から抜けていく香りからおいしさを感じます。

アルコール感は後から感じられ、高級なチョコレートだなぁという印象です。

どこで買えるの?

全国の百貨店の催事で購入することが出来ます。

ちなみに催事の予定は、以下URLで確認出来ます。

生チョコレート発祥のお店シルスマリア|催事リスト (silsmaria.jp)

お近くで催事がない方々は、オンラインでの購入も可能です。

最後に

いかがでしたでしょうか。

高級感のある生チョコレートであるシルスマリア。

本店は神奈川県にあるようですが、バレンタインデーの時期になると催事で見かけることが出来ます。

是非気になった方は食べてみてはいかがでしょうか。

日本ワインを使用したチョコレートが気になる方は、こちらの投稿もおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました