勝沼食堂 パパソロッテは勝沼ぶどう郷駅から歩いて行けます。

ポートフォリオ

今回訪れたお店は、勝沼ぶどう郷駅からシャトー勝沼へ向かう途中にあるイタリアン料理のお店。

 

勝沼食堂パパソロッテとは

2011年9月にオープンしたお店で、その気になれば駅から歩いて行けますが、傾斜が厳しいかな…。

とはいえ駅近という立地の良さはプラスポイント。

基本的には、山梨県産の食材を使用した料理を頂けますが、山梨県産であることは前面に押し出しているわけではないです。

むしろそれが当然であれば押しつけがましくなくていいですね。

お店の入り口の左側(勝沼ぶどう郷から歩いてくると進行方向)にある勝沼産の甲州ぶどうが棚栽培されている様子が見渡せます。

 

店内の様子は?

店内から見渡せるぶどう畑が、とてもいい景色で思わずゆっくりとしたくなります。

昼と夜でまた外の風景が見えますので、ぜひ打ち上げなどで夜のディナーを味わってみてもいいと思います。

入口希少なワインのボトルは飾られていますね。

ワインメニューもグラスから注文できますし、ボトルも日本ワインを頂けます。

 

お料理はいかがでしょうか。

今回はコースに近いシステムにてお食事を頂きましたので、注文せずともお料理は寄ってきます。
まず最初のお料理は、前菜の盛り合わせから一皿ずつ頂いて行きます。

パスタは2種類あり、来店時は「お肉ゴロゴロミートソース」と「勝沼産トマトのポモドーロ」を選択出来ましたので「お肉ゴロゴロミートソース」を注文。

そしてメインディッシュは、「ポークソテー 〜マスタードソース〜」を。

今回頂いたワイン達。

山梨ワインは3種類でマルス山梨ワイナリー シャトーマルス キュベ プレステージ 穂坂日之城 シャルドネは「ポークソテー 〜マスタードソース〜」に合うのではないかと注文されたワイン。

この中だと、ダントツでキスヴィン ピノ ノワールが高級ワインなのでまさかランチで頂けるとは。

 

店内には多くのサインが!

店内には至る所にサインが確認出来ます。

壁一面に色んな方のサインを確認出来ました。

シャトーメルシャン ゼネラルマネージャーの安蔵 光弘さんのサインとMW(マスターオブ・ワイン)大橋健一さんのサインは確認出来ました。

ぜひご来店の際にはその他の方のサインを探しても楽しいですね。

パパソロッテは、ワインアドバイザー長谷部賢さんが選んだワインが提供されるレストラン。

大月市でワインショップを経営されているそうなので、いずれはオーナーの長谷部さんの酒屋さんにも行ってみるべきですね。

 

 

勝沼食堂 パパソロッテの詳細情報

〒409-1302 山梨県甲州市勝沼町菱山3577−6

電話番号:0553-398-763

営業時間 11:00~14:00
     17:00~21:00

定休日:火曜日

-勝沼食堂-Papasolotte(パパソロッテ)
-勝沼食堂-Papasolotte(パパソロッテ)、甲州市 - 「いいね!」1,764件 - Lunch 11:00-14:00(L.O) Dinner 17:30-21:00(L.O) 定休日:火曜日
パパソロッテ (勝沼ぶどう郷/イタリアン)
★★★☆☆3.33 ■予算(昼):¥3,000~¥3,999

高級ワインと言えばこの投稿でも紹介しております。

シャトーメルシャンについてはここから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました