【日本橋高島屋で開催中】~大北海道展 特別企画~北の大地を醸す〈SAKE〉ってなんだろう?

イベント・コラム

みなさんは日本ワインを飲んでますか?

日本ワインを探して日々ワイナリーや酒屋さん、飲食店さんに伺っては投稿を続けて、ついに500軒を超えました。

日本ワインのあるところについては地図にまとめてますので、ぜひ活用して頂ければ幸いです。

ここにもあったよ日本ワイン - Google マイマップ
日本ワインのある飲食店、ワイナリーを一覧にしてます。

日本ワインとは日本国内で栽培されたぶどうを100%使用して日本国内で造られたワインの事を指します。 

さて今回ご紹介するのは、日本橋高島屋で10月6日~18日まで開催中の「高島屋創業190周年 第68回 北海道の物産と観光 大北海道展」です。

今回紹介する理由は、ただの北海道展ではない点です。

~大北海道展 特別企画~北の大地を醸す〈SAKE〉という企画も合わせて開催され、日本ワインの特設ブースがあるとのことでしたので、しっかりとチェックしなければなりませんね。

早速見て行きたいと思います。

こんな方におすすめ
・日本橋駅周辺でお酒をお探しの方
・駅直結の百貨店で買い物をしたい方
・大北海道展に興味のある方

日本橋高島屋とは?

東京都中央区にある百貨店。1900年に高島屋東京店として開業、1933年に現在地に移転。移転時の建物(本館)は2009年、国の重要文化財に指定。2018年、新館をオープン。本館・新館・東館・ウオッチメゾン館をあわせたショッピングセンター「日本橋髙島屋S.C.」となる。

日本橋高島屋 S.C. | トップページ (takashimaya.co.jp)

以前日本ワインのあるところとして、日本橋高島屋を紹介したこともありますので、日本ワインの取り扱い自体はもともとあります。

しかしながら、今回は催事で特別に日本ワインを含めた北海道のお酒を特集しているようですのでチェックしてみましょう。

高島屋創業190周年 第68回 北海道の物産と観光 大北海道展とは?

髙島屋が初めて北海道物産展を開催してから今年で70年。
1952年、北海道物産展は大阪店から始まりました。70年目となる今回は、北海道を代表する食材「鮭」と「じゃがいも」をテーマとした髙島屋限定の特別企画品などをラインアップ。歳月とともにおいしく進化した北のご馳走をはじめ、家具や暮らしのアイテムなどを集めて大スケールでお届けします!催しの歴史をご紹介するアーカイブ展など特別な展示もぜひお楽しみに。

第68回 大北海道展|日本橋タカシマヤS.C. (takashimaya.co.jp)

催事自体は8階で開催中ですが、日本ワインをお探しの方は8階ではなく、1階の入り口右側にある特設ステージへ直行しましょう!

~大北海道展 特別企画~北の大地を醸す〈SAKE〉をチェック

道産ワインがずらりと並びます。

チラシを見てみると、モンガク谷ワイナリー、月浦ワイナリー、山﨑ワイナリー、奥尻ワイナリー、ふらのワイン、十勝ワインに加えて髙島屋限定として北海道ワインと平川ワイナリーのワインが買えるようです。

そして抽選で当たるとドメーヌタカヒコのワインを買うことが出来ます。

info_211006_nihombashi.pdf (takashimaya.co.jp)

ちなみに、~大北海道展 特別企画~北の大地を醸す〈SAKE〉は、なぜか19日まで開催予定です。

まずやはり気になるのは、山﨑ワイナリーのワインが買える点でしょうか。

取り扱い本数も多いので購入出来そうですね。

10Rワイナリーのワインと書かれておりますが、販売元はココファームワイナリーです。

その隣には、宝水ワイナリーのスパークリングワインです。

生産本数の多いワイナリーのワインだけでないのが、今回の特徴でもあります。

都内ではなかなか見かけない、相澤ワイナリーのワインも販売中です。

ワイン用ぶどうの品種として登録された「山幸」を使ったスパークリングワインです。

やはりワインの取り扱いが一番多いのは、北海道ワインです。

新宿京王百貨店の「日本ワイン 日替り販売会」や新宿伊勢丹の「世界を旅するワイン展」でもお見掛けする北海道ワイン。

安定感のあるラインナップが特徴です。

今回は髙島屋限定ワインとして、「北海道ROSE トラディショナルキュヴェプレステージ」が販売中です。

北海道ワインと言えば、比較的手に取りやすい価格のワインが多いですが、瓶詰め(ティラージュ)後、36か月間長期熟成させた北海道ワインが本気を出して造ったワインです。

3年の熟成期間を置いて、5500円で販売できるのはやはり北海道ワインの力ですね。

その他に希少なお酒としては、十勝ワインからリリースされている清見ブランデー原酒と原酒EXTRA。

特に北海道でも十勝ワインで栽培される「清美」を使ったブランデーは希少で市場には、なかなか出回らない一品です。

こういったワイナリー限定やバックヴィンテージが買えるのも、催事ならではです。

しかし、人気のワインは即完売するので来店される際は、お早めに。

ちなみに来店時には、すでにモンガク谷ワイナリーのワインは完売です。

でも、これだけいっぱいワインが並ぶと何を買えばいいかわからない!と思われる方も多いと思います。

それであれば、北海道で主に栽培されるぶどうの品種の紹介を参考に、自分の好きそうなぶどうを使ったワインを選んでみてはいかがでしょうか。

催事では、全8種類のぶどうの特徴について書かれてます。

結構参考になります。

8階の大北海道展もチラッと見てみましょう。

日本ワインはありませんが、せっかく来たので大北海道展もチラ見。|д゚)

おー、海老キーマカレーパン気になりますね。

北海道土産の名産品も買えそうですね。

中でも一番気になったのは、ジャガイモの販売。

それぞれじゃがいもの種類によって分けられております。

しかも、売れ行きがじゃがいも毎に異なりますね。

全て1玉100円で買えるので、食べ比べが自宅で気軽に出来ます。

大北海道展は、10月18日(月)まで、お早めに。

最後に

いかがでしたでしょうか。

催事での日本ワインの品揃えもなかなか豊富ですし、道産ワインはなかなかこれだけ出揃うことも少ないので、ぜひお近くにございましたら、のぞいてみてはいかがでしょうか。

日本橋高島屋の詳細情報

住所:〒103-8265 東京都中央区日本橋2丁目4−1

電話番号:03-3211-4111

営業時間:10時30分~19時30分

定休日:なし(臨時休業等については、公式HPをご確認ください)

日本橋高島屋 S.C. | トップページ
日本橋高島屋 S.C.公式サイト。営業時間、フロアガイド、イベントの最新情報をお届け。本館(日本橋高島屋)、新館(専門店)、東館、タカシマヤ ウオッチメゾンの4館が一体となった新・都市型ショッピングセンター。

日本橋高島屋・大北海道展に興味を持った方はこちらもおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました