ココファーム・ワイナリーってどんなところ? ~場所から出来ることまで~

ポートフォリオ

今回紹介するワイナリーさんは、栃木県足利市にあるココファーム・ワイナリーさんです。

以前よりココファームさんのワイン会や収穫祭には伺っておりましたので、とても好きなワイナリーさんです。


ココファーム・ワイナリーとは

以下HPより引用

青空が広がるこの山に、葡萄畑が開かれたのは昭和33年。その葡萄畑の麓にこころみ学園が設立されたのは昭和44年、ココ・ファーム・ワイナリーができたのは昭和55年。
おかげさまで、今年、葡萄畑は開墾62年目を、昭和59年(1984年)からはじまったワインづくりは、37年目を迎えます。
今、こころみ学園の園生たちは家族に会うことができません。楽しみにしていたお花見会も旅行も夏休みも、コロナ禍のためになくなってしまいました。でもいつか家族に会える日を楽しみに葡萄畑で醸造場でがんばっています。
これからも皆さまのお力添えをどうぞよろしくお願いいたします。
2020年6月

https://cocowine.com/

ワインをつくって37年目となるココファームワイナリー。

以前、収穫祭にも伺ったことがあり、現在どのようになっているのか気になり今回の来訪となりました。

ココファームワイナリーさんへは、バスまたは自動車で来られることがおすすめです。

筆者は以前、徒歩で駅から向かったことがありますがとても歩ける距離ではなく、最後の坂で膝が悲鳴を上げたのを覚えております。

そんな坂を上がると見えるのがこの醸造施設。

現在は、カーテンが締まっており稼働はしていないですね。

醸造シーズンが近づくとここもオープンされることになります。

入口はこちらになります。

HPを確認すると以下の文章を見つけられます。

ココ・ファーム・ワイナリーにお越しの際は、まずこちらへどうぞ。
お買物が楽しめるワインショップからは、葡萄畑や醸造タンクもご覧いただけます。
自家製ワインをはじめ、ワインによく合う美味しいものやワイングラスなど、上質なものをご用意いたしました。

では、さっそく入ってみましょうか。

ココファームへ来店して出来ることを探す

ココファームさんで出来ることは、

・各種セミナー(ワイングロワーズセミナーワイングロワーズランチについては休止)

・ワインテイスティング

・ワイナリー見学

となります。

以下HPより引用

各種セミナー受付
ワイナリー見学コースや各種セミナーの受付は、こちらのワインショップでどうぞ。
ワインテイスティング
ワインショップで5種類のおすすめワインがお試しいただけます。
お一人様 ¥500 お時間 10:00~17:00
・ワインショップではこころみ学園栽培の新鮮野菜を販売しております。
1.☆ワインテイスティング 試飲
5種類のワインを、ワインショップでお楽しみいただけます。
・10:00~17:00
・お一人様 ¥500 (10名様以上は要予約)
2.☆ワイナリー見学コース 約45分のセミナー
葡萄畑やワインづくりの現場をスタッフがご案内いたします 。
所要時間は約45分。お一人でも気軽に楽しめるワインセミナーです 。
・10:30~、13:00~、15:00~の1日3回 所要時間45分
・お一人様 ¥500
・定員10名になり次第、次の回をご案内いたします。


また、ココファームワイナリーではカフェも併設されております。

ココファームワイナリーカフェの様子は、こちらで投稿してますので見て頂けますと幸いです。

まずは、テイスティング

受付へ行き、お金を支払って申し込みをするシステムです。

ワイナリー見学コースについても、同じ窓口で申し込みとなります。

ここが、テイスティングワインを受け取るカウンター。

しっかりと感染症対策を行っておりますね。

テイスティング出来るワインをコースから選ぶようになっております。

来店時はⒶコースが、ココファームワイナリーをご存じない方でも楽しめるコース。

Ⓑコースは比較的ワインがお好きな方でも満足いただけるコースと案内頂きました。

今回はⒶコースを注文。

運転手だから飲めないという方には、

ココファーム ロゼスパークリングジュースを頂けます。

雰囲気だけでも味わってほしいというワイナリーの方のお気持ちを頂けます。

ちなみに、店内でココファーム ロゼスパークリングジュースも買えますのでワインが苦手な方へのプレゼントにもぜひ。

そして、テイスティングは畑を見渡せるこちらの場所で頂けます。

ショップにあるベランダです。

上にはぶどうも育ってますし、畑も見渡せます。

自然の中でワインを頂けます。

ちなみにワインは左から、

2014 北ののぼロゼ
¥6,000(税込)
シャンパーニュの伝統的な製法でつくったココの自信作「北ののぼ」シリーズに、ピンクのロゼが登場。
美しい色、芳醇な香り、のびやかな酸、上品なコクをお楽しみください。
◆自家醸造

Ashicoco 2019
¥1,800(税込)
日本の代表的な葡萄品種甲州種等から、低温発酵でじっくり丁寧につくった白ワインです。
まじめな農夫がまじめにつくった日本のワインらしい味わい。
果実そのものの香りや甘さと、フルーティでフレッシュな親しみやすい味わいが、美味しいハーモニーを奏でます。
●2015ヴィンテージをANA国際線ファーストクラス機内にてご採用いただきました。
◆自家醸造

バラ色の人生(こころぜ)
¥1,800(税込)
バラ色の人生 “ La vie en Rose ”
色合いの美しさもさることながら、ほどよい渋み、複雑さ、深い味わいのチャーミングなワインです。
◆自家醸造

農民ロッソ 2018
¥2,000(税込)
メルロ、マスカット・ベーリーA、カベルネ・ソーヴィニョンの果実味とストラクチャー、樽熟の甘い香り。果実味と希望に溢れた日本の赤ワインです。
●2019年11月23日 G20愛知・名古屋外務大臣会合のワーキングランチでお使いいただきました。
●2015ヴィンテージをJAL国際線ビジネスクラス機内にてご採用いただきました。
◆自家醸造

山のタナ2017
¥5,300(税込)
日本の風土に適したタナ種100%。熟成が楽しみなフルボディの赤ワインです。
◆自家醸造

以上HPより引用。

雰囲気も良いこちらで来られる際は、楽しんで頂きたいです。

ワイナリー見学

続いては、ワイナリー見学へ。

時間は、10:30~ 13:00~ 15:00~ の3回開催で、所要時間は約45分となります。

※夏の時期はとにかく暑くなるので水分補給は十分に取りながら参加してください。

ワイナリー見学をされる際につける、バッジです。

バッジには、ぶどうの天敵となるハクビシン・イノシシ・とりの絵をバッジに描くことで「絵の中から出てこないことを願う意味」を込めているそうです。

早速ワイナリー見学へ巡ります。

実際の様子はワイナリー見学をぜひ体験頂きたいので、概要のみ写真で雰囲気を伝えて行きます。

まず、畑の説明を受けながらココファームの歴史についてお話を頂きます。

ちなみにワイナリーの目の前にある畑のぶどうは、奥から

マスカットベリーA
リースリングリオン
ノートン
プティマンサン

が栽培されてます。

1950年代、急斜面の山を開墾して、現在自家畑の総面積は約6ヘクタールです。

続いては醸造施設へ入っていき、

ステンレスタンクのある貯蔵庫へ。

この写真はあくまで一部ですのでぜひ実際に見てください。

その後、樽の貯蔵庫へ案内頂けます。

熟成されているワイン達の香りや音を感じることが出来ます。

その後も案内頂く場所がありますが、ぜひ参加頂くと驚くことを聞くことが出来ますのでご参加されるときの楽しみにして頂けたら幸いです。

そして、最初の場所へ戻ってツアーは終了です。

ショッピング

もちろんココファームワイナリーでは、オンラインショップも充実しておりますのでショップで買わなくても購入は可能ですが、お土産として商品が多く売られています。

もちろんワインも販売されており、期間限定で北ののぼ 2014がセールで販売されておりました。

プレゼント用のラッピングや贈答用の箱付きでも準備がありますので、来店時の際はご利用される方がよろしいかと思います。

その他、ココファームのロゴの入ったグラスや、ソムリエナイフ、野菜や足利マール牛のカレーもおすすめです。

来店もしくはオンラインショップでの購入をどうぞ。


ココファームワイナリーの詳細情報

〒326-0061 栃木県足利市田島町611

Tel:0284-42-1194

通常営業について
OPEN 10:00~18:00
お休み 年末年始(12/31~1/2)、1月第3月~金曜日の5日間


コメント

  1. […] 前回の投稿の際にランチを頂いていたので、投稿をしていきたいと思います。 […]

  2. […] ココファームについてはこちらで紹介しております。 […]

タイトルとURLをコピーしました