「葡萄屋kofu 甲州夢小路店」でたまには違ったお土産を買ってみませんか?

イベント・コラム

山梨県にある甲府駅というのは、山梨県の県庁所在地で歴史上の人物で有名な武士は武田信玄です。

そんな山梨県で有名なお土産と言えば桔梗信玄餅(ききょうしんげんもち)ではないでしょうか。

しかし、山梨県と言えば「ワイン」も有名です。

今回は山梨県産のワインとぶどうを使ったお菓子「レーズンサンド」がJR甲府駅近くにある「甲府夢小路」でお店を開いている「葡萄屋Kofu」にて販売されておりますので早速紹介して行きたいと思います。

こんな方におすすめ
・レーズンサンドがお好きな方
・甲府駅に来たけど桔梗信玄餅ではないお土産をお探しの方
・贅沢なぶどうジュースを購入したい方

葡萄屋Kofuとは

葡萄屋kofuは2012年、甲府市朝日町に小さなアトリエを構えました。ちいさなアトリエでは、山梨の、甲府の宝ものである葡萄でレーズンサンドを作り始めました。愛宕山の麓は傾斜がある分、水はけもよく西日もしっかりあたるので葡萄の栽培には最適。それが今、少しずつ耕作放棄地が増えてきてしまっています。日本一の生産量を誇る山梨県の葡萄。しかしながら、そこには誰にも食べられずに自然に還ってしまってしまう葡萄もたくさんいます。1年を通じて、日本一の葡萄を召し上がっていただきたい。

Provincia Co., Ltd. (budoya-kofu.com)

​ぶどう・ワインが有名な山梨県でも耕作放棄地が増え、食べられないままとなるぶどうもある。

それを少しでも加工することで、食べてもらおうというのが思いとしてあるそうです。

「レーズンサンド 山梨だけのぶどう」

と書かれた看板。

こだわりを感じるお店です。

扱っている商品は、無添加で作られた半生タイプのレーズン、そのレーズンを使用したレーズンサンドとワイン用ぶどう100%無添加無加糖のブドウジュースが販売されております。

店内にはどんな商品が販売されているの?

店内の正面には、レーズンサンドが全6種類並んでおります。

ベーシックなレーズンサンドからワインが使われている「こうふのまちのレーズンサンド」に「紅茶サンド」、酒粕に漬けたレーズンを挟んである「大吟醸レーズンサンド」まで販売されております。

葡萄の加工品専門店である「葡萄屋kofu」では、ワインではなくぶどうジュースが販売されております。

店内のポップには、なぜジュースを販売しているかが掛かれております。

お店の方いわく、お食事を10人でされる時にお酒を飲めない方が平均で2人くらいおり、お酒の飲めない方が飲むのはウーロン茶などの紙パックで飲むケースも多く、ワイングラスで飲む方と同じ雰囲気で飲むことが出来ない、だから同じ原料で作ったぶどうジュースを販売されているとのことです。

そのため、ここで販売されているのは日本の固有品種である「甲州」と「マスカットベーリーA」を始めとした品種のぶどうジュースを販売しております。

ボトルもワイン用です。

早速買って実食!

今回購入したのは、巨峰が使われている「ラムレーズンサンド」と山梨県産の赤ワインを使用した「こうふのまちのレーズンサンド」を実食です。

まずは、ラムレーズンサンドから。

クッキーでサンドされたお菓子と言えば、マルセイバターサンドを思い出すのですが、マルセイバターサンドはしっとりというイメージですが、葡萄屋kofu レーズンサンドはサクサクタイプのクッキーを使用してます。

中はしっとりした巨峰で、食べ応えを感じます。

そしてしっかりとお酒が効いてます。

レーズンサンドがお好きな方は特におすすめです。

続いては、こうふのまちのレーズンサンドです。

中身はレーズンになるので「ラムレーズンサンド」よりは平らになります。

使っているクッキーも変わらずサクサクタイプです。

味わいは、シナモンのようなスパイス香を感じますが、中にシナモンは使われていないので驚きです。

赤ワイン感はほんのりで、どちらかと言うとラム酒が効いてます。

いやぁおいしいです。

 

いかがでしたでしょうか。

甲府に来てお土産に悩まれた際は、ぜひ参考にして頂けますと幸いです。

葡萄屋kofu 甲州夢小路店の詳細情報

住所:〒400-0031 山梨県甲府市丸の内1−1−25

電話番号:055-254-8865

営業時間:11時00分~18時00分
 金・土:11時00分~18時30分

定休日:なし

Provincia Co., Ltd.

葡萄屋kofu オンラインショップ (official.ec)

葡萄屋kofu 甲州夢小路店周辺でワインを楽しむならここがおすすめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました