都農町に来たら「シャルドネラーメン」は外せない!【自家製麺 縁らぁめん】

ポートフォリオ

九州in都農。

都農ワインに遊びに来た際にぜひ寄ってほしいラーメン屋さんがございます。

筆者も都農ワインへ行く前に行きたい場所としてここのラーメン屋さんを希望してました。

 

自家製麵 縁とは

えんのらぁめんは化学調味料を一切使用していません。 店主自らつくるオリジナルの自家製麺です。 すべて手づくりで提供致します。

http://enramen.blog82.fc2.com/page-1.html

都農町にあり、全て手づくりにこだわっているお店になります。

オープンは、2004年の春で東京や横浜で十年修行した塩月さんが作るラーメンです。

ここではワインを飲む…のではなくラーメンのスープに都農ワインの「シャルドネ アンウッディド」が使用されている、いわゆる「シャルドネラーメン」が頂けるとあって早速食べてみましょう。

 

早速店内へ

店内は多くのお客様がいらっしゃり、地元の人気店なのだと感じます。

ちなみに食券はありますが、現金の受け渡しでの対応も可能です。

メニューは主に、しょうゆ、塩、味噌、トマトの4種類に分かれていてトッピングを選ぶシステム。

さぁこの中でシャルドネラーメンはどれでしょうか。

シャルドネ アンウッディド使用のラーメンは「支那そば塩」か「こくしおらぁめん」のみです。

もちろんしょうゆも味噌もこだわりの食材でつくられています。

 

早速シャルドネラーメンを頂く

シャルドネラーメン、今回は「こくしおらぁめん 味玉入り」を注文。

うまい!人口の少ない都農町にして多くの方が来られてはラーメンを頂いてるだけあります。

飲んだ時に、貝類のダシで感じる雑味がなくてとにかく身体に染み込む優しい味わい。

ホタテ貝柱とムール貝をシャルドネ アンウッディドを入れて煮込んでダシを取る手間がかかってます。

ガツンといた味わいが欲しいなら味噌がいいと思いますが、食材といい、手間暇といいこの値段で売ってて大丈夫なのかと心配になるほどです。

ちなみに、ラーメン評論家の大崎裕史さんは「こんなにこだわったラーメン店があるとは、実に驚きだった」とブログで称賛されたことがあると闘う葡萄酒 都農ワイナリー伝説では書かれております。


お会いした塩月さんの奥様になぜシャルドネ アンウッディドでダシを取っているか伺うと、もともと都農ワインの立ち上げに携わったご縁もあって都農ワインのワインをスープに使っているそうです。

そんな人とワインの「縁」を感じる「自家製麵 縁らぁめん」へぜひ都農町へお越しの際は寄って頂ければ幸いです。

 

 

自家製麵 縁の詳細情報

住所:〒889-1201 宮崎県児湯郡都農町三ヶ月原1140−65

電話番号:0983-25-2788

営業時間:11:00~14:30(L.O.)

定休日:月曜日

自家製麺・縁 (都農/ラーメン)
★★★☆☆3.51 ■予算(昼):¥1,000~¥1,999

参考文献

コメント

タイトルとURLをコピーしました