安心院葡萄酒工房ってどんなところ?

ポートフォリオ

(2020年11月27日更新)

九州と言えば焼酎の文化が根づいているくらい、焼酎大国ですが、九州でもワインを生産している場所があります。

今回は、九州で最大の生産量を誇る安心院葡萄酒工房へ伺い、見てみたいと思います。

 

安心院葡萄酒工房とは

ここ大分安心院は霧深い盆地。安心院葡萄酒工房は芳醇なワインを醸すワイナリーです。
緑あふれる園内には醸造場、貯蔵庫、ブドウ畑、試飲ショップなどがあり、醸造工程や栽培中のブドウの見学はもちろん、ワインの試飲もお試しいただけます。杜のワイナリーでゆっくりとしたひとときをおすごしください。

http://www.ajimu-winery.co.jp/

入口から自然に囲まれており、さすが「杜のワイナリー」といったところです。

ちなみに母体は、本格むぎ焼酎のいいちこでおなじみの三和酒類という酒造メーカーです。

なのでワイナリー内は広大な土地の中に畑・施設等がたくさんあります。

さすがいいちこの会社です。

 

まずはショップから

まずは入口をまっすぐ行くと突き当りにショップがあります。

店内は落ち着いた雰囲気ながら、天井にイルミネーションがございます。

入口すぐに安心院葡萄酒工房の新酒が販売されております。

安心院葡萄酒工房の新酒はラベルの種類が多彩です。

安心院高校とコラボしたラベルで、全部で3部作。

モチーフは、安心院町の三女神社(さんみょうじんじゃ)に祀られる三女神(さんじょしん)をイメージしたラベルです。

ちなみに第1弾(完売)は長女の田心姫命(たごりひめのみこと)
第2弾(11月14日発売)は次女の湍津姫命(たぎつひめのみこと)
第3弾(12月5日発売予定)は三女の市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)

ということです。

ラベルにはQRコードがあり、安心院高校の生徒が作成した安心院町の紹介動画が見られます。

イルミネーションもこの新酒ラベルのイメージの様。

購入できるのは、安心院葡萄酒工房の公式HPまたは売店のみで白はナイアガラ、赤はマスカットベーリーAです。

安心院葡萄酒工房オンラインショップ |

安心院ワイン 諸矢 甲州は基本的に安心院葡萄酒工房のみの販売になるので他の酒屋さんではあまり流通しないようなので販売されたら要チェック。

安心院葡萄酒工房では、生産量・クオリティによってそれぞれ「嚆矢(こうし)→諸矢(もろや)→安心院ワイン」の順にランクが決まっております。

おいしさのランクではなく、嚆矢(こうし)は安心院葡萄酒工房のチャレンジワインとしての位置づけ、諸矢(もろや)はチャレンジワインの次の段階で、生産量が安定してクオリティも問題なしと判断されると、晴れて安心院ワインとしてレギュラーワインとなります。

以前は無料の試飲も可能でしたが、現在は有料試飲のみテイスティングブースにて同時に最大2名までワインを試飲出来ます。

今回テイスティングしたワインは3つ

左から、

安心院スパークリングワイン ロゼ

【特徴】
ビン内で2次発酵させ製造、3年以上ビン熟成を行うことでよりまろやかな風味を引き出しました。 ※ 一本一本丁寧にオリ抜きし打栓作業を経て商品に仕上がります。
一度に販売できる数量に限りがあり、一時、欠品することがございますがご了承ください。
仕上がり次第随時販売いたしますので宜しくお願い致します。
【香味特徴】
艶のあるオレンジがかったバラ色。ラズベリーやカシスの様な果実を思わせる香りとふくよかな熟成香が重なり合う華やかな香り。アタックは心地よく、柔らかい泡立ちで酸味、旨味をほのかな渋みが包み込みハーモニーを奏でている。フィニッシュは長く、カシスの様な甘い香りが感じられるやや辛口スパークリングワイン。

www.ajimubudoushukoubou.com/

安心院ワイン 諸矢 甲州

【特徴】
安心院の丘農園で栽培された甲州を利用し、果汁の酸化を抑えステンレスタンクにて低温で発酵させた。
【香味特徴】
艶やかで透明感のある緑がかった淡い色調。フレッシュなグレープフルーツ様の柑橘の香りに、白桃のような甘い香りが重なる。また、白い花のようなニュアンスも感じられる。口に含むと柑橘系の爽やかな香りと、生き生きとした酸が口中をすっきりとさせ、キレのある味わい。余韻は程よく辛口の白ワイン。

www.ajimubudoushukoubou.com/

安心院嚆矢(マセレイティッド・シャルドネ)

[特徴]
シャルドネ(白ブドウ)を利用し赤ワインと同様の仕込み方法で醸し、樽熟成を行いました。
果実の印象をより強く引き出すため低温発酵を試みました。
[香味]
輝きのある艶やかな黄金色、アプリコットや洋ナシのような果実、ドライフルーツやオレンジビターのような少し苦みのある香りにハチミツ、スパイス系の香りが複雑に絡み合っています。口に含むとアタックは強く、ほのかな甘さと渋みがあり酸味が全体を引き締めています。果実感が豊かでしっかりとした味わいです。甘い香りが口の中で広がり余韻を楽しめます。

www.ajimubudoushukoubou.com/

この中で安心院嚆矢(マセレイティッド・シャルドネ)のみ完全に安心院葡萄酒工房限定です。

ぜひテイスティングの上で購入頂けると良いです。

ワインごとのテイスティングシートは頂けますので、気になるワインがあれば試飲するのがおすすめです。

 

自然に囲まれた施設達

杜のワイナリーというだけあって広大な自然に囲まれた土地でワイン醸造所から貯蔵庫まであります。

冒頭にもあったように、自然に囲まれたワイナリーなので植物観賞をしながらゆっくりとワイナリーを巡るのもまたいいです。

とはいえ施設はしっかりと建物の中なので安心してください。

ゆうまずは順路通りに進むと、充填室があります。

充填室の内部を写真で案内があります。

実際に見渡せるのでわかりやすい。

続いてはワイン醸造場へ。

訪問時は稼働してませんでしたが、動画で白ワイン、赤ワイン、スパークリングワインの出来るまでが説明されてます。

丁寧に説明されているのでとても分かりやすいです。

規模が違う。

一体ステンレスタンクはどのくらいあるのだろうか。

続いては、ワインの入った樽を貯蔵する場所です。

貯蔵庫内は温度管理が一定で少し寒さを感じるか感じないかくらいの気温です。

反対側には、中世~近代ヨーロッパのグラスたちが展示されております。

変わったワイングラスからデキャンタ―まで様々あります。

外に出るとぶどう畑が丘に広がります。

棚式栽培のメルローです。

 

ワイナリーには展望台まで

ぜひ安心院町を堪能するのであれば行ってほしいのが、徒歩5分かかる展望台です。

一応施設内ですが、広大な土地ゆえに時間がかかりますが安心院町を見下ろすなら行くべきです。

早速100段階段を登ると…

はい、階段が続きます。

階段を登ると舗装された道が目の前に現れますが、その奥に階段が見えます…

この階段を登りきると…

そこに広がる絶景!

さぁあなたも登って安心院町と周辺の山々を望みましょう。

 

いかがでしたでしょうか。

安心院町はとてもちいさな町ではありますが、大きな会社の下でクオリティの高いワインを製造されております。

コンクール受賞ワインも多数ございますので、ぜひお手に取って頂ける機会が増えると嬉しいです。

 

 

安心院葡萄酒工房の詳細情報

住所:〒872-0521 大分県宇佐市安心院町下毛798

電話番号:0978-34-2210

営業時間:9時00分~16時00分

定休日:火曜日

安心院葡萄酒工房のワインについて取り上げている投稿はこちらから

コメント

  1. […] 大分県安心院町にあるワイナリーとして、安心院葡萄酒工房がありますが、実は同じ町にもう一つワイナリーがあります。 […]

  2. […] […]

  3. […] 続いては、大分県安心院町(あじむちょう)にある安心院葡萄酒工房の安心院スパークリングワインです。 […]

タイトルとURLをコピーしました