スポンサーリンク

【2020年8月5日オープン】カーサワタナベってどんなところ?

ポートフォリオ

みなさんは日本ワインを飲んでますか?

日本ワインを探して日々ワイナリーや酒屋さん、飲食店さんに伺っては投稿を続けて、ついに500軒を超えました。

日本ワインのあるところについては地図にまとめてますので、ぜひ活用して頂ければ幸いです。

ここにもあったよ日本ワイン - Google マイマップ
日本ワインのある飲食店、ワイナリーを一覧にしてます。

さて今回訪れたのは、山梨県勝沼にあるワイン村の中の一つのワイナリーである「カーサワタナベ」です。

ワイン村には、複数のワイナリーが点在しているので多くのワイナリーのワインを楽しみたい時にはオススメの場所になります。

早速見て行きたいと思います。

こんな方におすすめ
・ワイン村周辺で日本ワインをお探しの方
・いろいろなワイナリーを一度に見てみたい方
・小さなワイナリーをお探しの方

カーサワタナベとは?

この度、縁あって規模は小さいながらも自分のワイナリーを山梨県勝沼に立ち上げる活動を始めることになりました。私はもともとソフトウェア開発を行っていた人間ですので、数年前にはこんな将来があろうとは考えておりませんでしたが、人生何があるかわからないもので、思っていたよりもずっと楽しいです。いつか何処かでそんな話をすることもあるでしょう。

https://www.winewatanabe.com/

もともとソフトウェア開発のお仕事をされていた代表の渡邊哲也さんでしたが、縁あって大和葡萄酒で働くことになった際にワイン村を立ち上げる話を聞き、参加されたのが始まりのようです。

人生とは不思議なものですね。

ワイナリーのロゴは、ぶどうとワインが描かれており、デザインを考え造られたのは代表の渡邊哲也さん自身です。

早速ワイナリーの中へ

ワイナリーの中は、カウンター席が設けられており、ワインとお食事を楽しむ事が出来ます(要予約)。

席数は5席程ありますが、接客してくれるのは代表の渡邊哲也さんおひとりなのでなかなか大変そうです。

醸造免許より先に飲食店免許が下りたのでオープン後しばらく醸造出来なかったようです。

店内奥には、販売中のワインと店内でもワインと一緒に楽しめる缶詰が並んでおります。

どんなワインが販売されているのか?

今回しいんさせて頂いたワインは全部で5種類です。

右から、
K puro 2020…甲州市産 甲州種 100%使用

早摘みした甲州ぶどうを丁寧に低温発酵させました。フレッシュな甲州ぶどうの香りをお楽しみ下さい。
和食を含めて軽めに料理全般によく合います。是非、お刺身(特に白身魚)やカルパッ
チョと合わせてみてください。

製品案内 | CasaWatanabe (winewatanabe.com)

K la selezione privata 2020…甲州市産 甲州種 100%使用

厳選した低農薬の完熟甲州ぶどうを丁寧に発酵させ、甲州ぶどうの風味豊かに仕上げ
ました。
(スッキリを追及したK puroに比べて、ふくよかな厚みを感じて頂けると思います。)
白身魚のマリネやムニエルなどとよく合います。限定332本。

製品案内 | CasaWatanabe (winewatanabe.com)

Koshu nella botticella 2020…甲州市産 甲州種 100%使用

完熟した甲州ブドウの皮を暫く果汁に漬けこむことで果実のアロマを強め、発酵終了後
小樽で熟成しております。
甲州種のアロマと仄かな樽香の相性をお楽しみ下さい。
軽めの料理全般とよく合います。
※botticellaとは、イタリア語の小樽のことです。

製品案内 | CasaWatanabe (winewatanabe.com)

Bailey A Rosado 2020…山梨県、及びその他の国産ベリーA種100%使用

辛口ですがベリーA特有の香りも楽しめるロゼワインです。
パーティーやお花見などのイベントでお気軽にお楽しみください。
白ワインのような酸味と赤ワインのような仄かな渋みもありますので、合わせる料理を選びません。

製品案内 | CasaWatanabe (winewatanabe.com)

Bailey A 2019…山梨県産ベリーA種100%使用

赤ワインとしては軽めのライトタイプ。飲みやすいワインに仕上げております。
このため、魚介類も含めて多くの料理と合わせられます。
ベリーA特有の香りと仄かな樽香をお楽しみください。

製品案内 | CasaWatanabe (winewatanabe.com)

醸造免許は2020年からなので2019年ヴィンテージのみ「ラベルヴィーニュ」さんで委託醸造されています。

ちなみに自社畑で収穫されたワインはまだないようです。

どうやら農作放棄地をぶどう畑にしているため、まだまだ時間が掛かるということで基本的には全てぶどうは買いぶどうです。

醸造施設もチラッとのぞいてみる。

ワイナリーの奥が醸造施設のようで、のぞいてみると仕込中のワインがステンレスタンクに並びます。

リリースはもう少し先かな?

樽熟成もしているワイナリーですが、現在片付け中とのことです。

全体で生産本数は6000~7000本程とのことで、これからどうなっていくかが注目です。

最後に

いかがでしたでしょうか。

雰囲気はとてもアットホームなので、入口が開いていたらぜひ行ってみましょう。

そして、もしゆっくり試飲される際は事前に予約をしてお食事も楽しむのがおすすめです。

ぜひこの投稿を参考にして頂けると幸いです。

カーサワタナベの詳細情報

住所:〒409-1316 山梨県甲州市勝沼町勝沼2543−2

電話番号:090-6015-6506

HOME | CasaWatanabe

カーサワタナベに興味を持った方はこちらもおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました