朝日町ワインに行ったら美味しい理由が分かった気がする…

ポートフォリオ

今回訪問したワイナリーは、山形県朝日町にある朝日町ワイン。

朝日町ワインとは

高品質のぶどうを良さを真面目に引き出すことを最大の目標に製造しております。
高級赤ワインにはフランス産樽を使用し深みのある味わい、
風味豊かな香りを追求して醸造しております。
白ワイン・ロゼワイン・ブラッシュはきれいな果汁で低温発酵することで
フレッシュでフルーティなワイン造りをしております。

https://asahimachi-wine.jp/

個人的には、ワインはとてもコスパがよく「こんなに美味しいのに何でこんなに安いのか」と思うことが多いです。

お気に入りは、山梨県でもっとも多くワインとして造られるマスカットベーリーAがおすすめです。

とくにイチオシと思っているのは、2019日本ワインコンクール銀賞を受賞している、朝日町ワイン 柏原ヴィンヤード 遅摘みはおすすめですね。

今回は美味しさの秘密もわかったらいいなと思いつつ入ってみることに。

 

外観からワイン城まで

入口はここから。

シンプルなつくりですが、植物の手入れが行き届いていて気分が良くなります。

とはいえここは、ぶどうなどを搬入する際の入り口なので実際は見学など出来るスペースは別の入り口があります。

「朝日町ワイン城」が見学やワインの購入が出来る場所になります。

ここから見える奥の建物が朝日町ワイン城です。

レンガ調なので北欧のような雰囲気がここから感じます。

そしてここが入口。

早速中へ入ってみましょう。

 

まずは工場見学

入口入って突き当り左側にリンサー(洗びん機)があります。

ここで瓶を洗うんですね。

続いては、びん詰とコルク栓をします。

ここで作業をされるのですね。

続いては、キャップシールをかぶせる作業。

今日は稼働していなかったので、ぜひ稼働日にお越し頂くと見学することが出来ます。

最後はラベル張り。

ここも稼働しておりませんでした。

 

続いてはショップコーナー

お出迎えされるのは、受賞ワイン数々。

朝日町ワインは受賞歴も多く、おすすめできるワインも多いです。

ここが販売所。

価格帯も1000円~2000円のワインが中心です。

朝日町ワインへ見学へ来たらぜひお土産に購入頂くのがおすすめの、売店限定ラベルワインです。

白はデラウエア、赤はマスカットベーリーAというぶどうの品種で造られてます。

もちろん朝日町ワインのフラグシップワイン「マイスターセレクション」も購入出来ます。

イチオシは、朝日町ワイン マイスターセレクション 遅摘みマスカットベリーAロゼ 辛口です。

 

朝日町ワインへ来たらぜひ畑を見て行って!

ワイン城の前にある畑です。

印象的なのは、ワイン畑にお花が植えられていること。

色鮮やかになってきれいですね。

来るととても落ち着く雰囲気で時間がゆっくり過ぎるように感じられます。

ここには、カベルネソーヴィニヨンとシャルドネが栽培されております。

ここはカベルネソーヴィニヨンの畑です。

奥に見えるは、ワインオーナーさんの畑でシャルドネとメルローが栽培されてます。

カベルネソーヴィニヨンです。

黒い実と白い実がありますのでまだまだこれからですが収穫時期は10月ごろではないかと手入れをされている社員さんはおっしゃいます。

毎日手入れをされていてとてもきれいな畑でした。

手間がかかっていますが、価格はとにかく安いです!

こういった細かい作業を手間暇かけてやることで美味しいワインが出来るのだと感じました。

いかがでしたでしょうか。

朝日町ワインは、コストパフォーマンスが抜群のワインを販売していますが、そのパフォーマンスの良さが垣間見えましたでしょうか。

 

朝日町ワインの詳細情報

〒990-1304 山形県西村山郡朝日町大字大谷高野1080番地

電話番号:0237-68-2611

営業時間:9時00分~16時00分

定休日:なし

コメント

タイトルとURLをコピーしました