【8月5日来店情報】TO今日BARってどんなところ? ~グランスタ東京で見つけたこだわりバー~

ポートフォリオ

8月3日にオープンしたばかりの東京駅構内の駅ナカ商業施設グランスタ東京。

新しく出来た施設に日本ワインはあるかな、と探索。

飲食店の混雑状況を確認出来るようになっております。

この中で日本ワインを置いてありそうなお店を見つけましたのでご紹介。

 

 

TO今日BARとは

JR東京駅のエキナカにあるグランスタ東京にあるお店。

一番近い改札は、丸の内北口改札です。

概要

食による地方創生に取り組む、山形県の地産地消のイタリアン「アル・ケッチァーノ」の奥田政行シェフがプロデュースするお店。地域の素材を生かし、味わい豊かな品々がカジュアルに楽しめるイタリアンバールです。

https://www.jr-foods.co.jp/brand/tokyobar

特に山形県の食材に特化してこだわったお店ですね。

雰囲気も良い店内。

  

 

TO今日BARのコンセプト

こちらの黒板にあるように、山形県の食材やお店へのこだわりが見えます。

ちなみに本店にあたる「アル・ケッチァーノ」のシェフ奥田政行さんの料理へのこだわりを感じられます。

奥田政行の料理のモットーは、「ソースをなるべく使わない」こと。

生命力にあふれた庄内の食材を、最短距離でお客様から召しあがっていただくため、独自の調理法を生み出しました。

食材を食べた時口のなかに2番目に拡がる香りと、それに相性の良い食材を合わせると、香りがパワーアップして1+1が5になりコクが生まれます。

(中略)

使う食材はできるだけ一皿に3種類までとし、食材をまとめる塩は世界中から集めた10数種類をできる限り抑えて使い、さらには水も鳥海山の超軟水、月山山系の軟水、飯豊山の中硬水などを料理によって使い分けています。

 

まずは朝、どんな食材が集まってくるのか、それからすべてが始まります。

食材は、私たちの料理の要です。

アル・ケッチァーノ開店当時、庄内の食材は優れているにもかかわらず、売り込み下手で奥ゆかしい庄内人気質のせいか、現在のように認められてはいませんでした。

奥田政行はイタリアンという手法で庄内の食材に新しい光をあてるとともに、その販路の拡大にも「食の都庄内」親善大使活動を通じて積極的に取り組んできました。

生産者の絆は深く、そして信頼は厚く、店にはいつも最上の食材が届けられます。

http://www.alchecciano.com/profile.html

食材1つ1つへのこだわりがあります。

黒板はいくつかございますので来店してみてみては。

 

 

日本ワインのメニュー

日本ワインは、基本的にはボトル注文が可能です。

ワインリストを頂いて何か置いてあるか確認してみましょう。

山形県のワインは、
月山ワイン、タケダワイナリー、酒井ワイナリー、朝日町ワイン

ですね。

 

その他のワインは、

タカヤシロファーム…長野県
まるき葡萄酒…山梨県
奥出雲葡萄酒…島根県
宝水ワイナリー…北海道
くずまきワイン…岩手県
都農ワイン…宮崎県

です。北海道から九州宮崎県までのワインを取り扱ってますね。

もちろんその他のお酒も取り扱ってますのでご心配なく。 

ハウスワインは、日替わりでメニューが変わります。

スパークリングワインは、サッポロビールが販売している業務用の樽詰スパークリングワイン ポールスター 生樽を頂けます。

…あっ個人でも購入可能です(笑)

と冗談は置いておいて気になるメニューと言えば、「おつかれさまビアンコ」、「がんばロッソ」ではないでしょうか。

ちゃんと注文しました。

おつかれさんビアンコ

◆ワイン名:Novementi-Bianco / ノヴェメンティ・ビアンコ

◆ワイナリー名:Menhir / メンヒル

◆産地:イタリア・プーリア州ミネルヴィーノ

◆等級:I.G.P.

◆味わいのタイプ:白・辛口

◆葡萄品種:ヴェルドゥーカ50%、マルヴァジア 50%

◆生産年:2018

◆内容量:750ml

がんばロッソ

◆ワイン名:Chianti Enseda 2018 / キャンティ・エンセーダ
◆ワイナリー名:Tenuta Cantagallo /テヌータ・カンタガッロ
◆産地:イタリア・トスカーナ州
◆味わいのタイプ:ミディアムボディ 赤ワイン
◆葡萄品種:サンジョヴェーゼ100%
◆生産年:2018
◆内容量:750ml

東京駅グランスタ東京が開業オリジナルラベルです。

どちらもイタリアワインとなりますが、雰囲気としては注文してもいいかも。

 

 

お食事のメニュー

メニューをのぞくと食材はやはり、山形県内の食材を中心に使われてます!

早速注文した料理をピックアップ!

福島県桑折町の献上桃に自家製リコッタチーズと生ハム。

…と言いながらおすすめは、福島県産ですね。

しかし、味わいのバランスがすごくいいです。

桃が甘さ控えめで、生ハムの塩加減とマッチ。

前菜として満足します。

 

ロメインレタスのシーザーサラダ(アルケスタイル)

シーザーソースは控えめ。素材の味を求める方におすすめ。

 

舟形マッシュルームと庄内豚の生ハムのクリームソーススパゲッティ

生ハムよりもマッシュルームの旨みを感じられます。

このクリームソースがシンプルな味付けに感じますが、マッシュルームのうまみに生ハムの塩味が合う。

 

いかがでしたでしょうか。

イタリアンを東京で頂きましたが、意外とお腹いっぱいになりますね!

もちろん改札内なので、乗り換えの際にふらっと1杯も出来ますのでお気軽に立ち寄れるお店です!

 

 

お店の詳細情報

TO今日BAR

住所:東京都千代田区丸の内1-9-1 グランスタ東京1F

電話番号:03-6250-6381

営業時間

7:00 – 22:30 (月~土・祝日) ラストオーダー 22:00
7:00 – 21:30 (日・連休最終日の祝日) ラストオーダー 21:00

#日本ワイン
#日本ワイン好き
#日本ワインを日常に
#東京駅
#グランスタ東京
#TO今日BAR
#日本ワインを提供する飲食さん応援ページ
#コロナフードアクション
#ダブルピース
#ダブルピースケンゴ
#ここにもあったよ日本

コメント

タイトルとURLをコピーしました