【3月1日より全国で新発売!】ノンアルでワインの休日を飲んだレビュー

ポートフォリオ

みなさんは日本ワインを飲んでますか?

日本ワインを探して日々ワイナリーや酒屋さん、飲食店さんに伺っては投稿を続けて、ついに400軒を超えました。

日本ワインのあるところについては地図にまとめてますので、ぜひ活用して頂ければ幸いです。

ここにもあったよ日本ワイン - Google マイマップ
日本ワインのある飲食店、ワイナリーを一覧にしてます。

日本ワインとは…日本国内で栽培されたぶどうを100%使用して日本国内で造られたワインの事を指します。

さて今回ご紹介するのは、2022年3月1日よりサントリーより発売された「ノンアルでワインの休日 白と「ノンアルでワインの休日 赤」です。

ワインがお好きな方であれば、一度は気になる商品ではないでしょうか。

サントリーは、ワインサワーワインソーダを販売したりと色々なワイン関連の商品を作り出している印象を受けます。

今回の「ノンアルでワインの休日 白と「ノンアルでワインの休日 赤」は特に気になった商品でしたので早速見て行きたいと思います。

こんな人にオススメ!
・ノンアルコール飲料に興味のある方
・アルコールを飲む事はできないけどワインの雰囲気は味わいたい方

サントリー ノンアルでワインの休日とは?

【日本初】ワインエキス(※)を使用し、中味の『本格感』にこだわった缶のスパークリングワインテイスト飲料。ワイン(※)を蒸留し脱アルコールした原料を使用しており、ワインらしい味わいと香りを実現しました。サントリーが誇る、ワインのスペシャリストと共に完成度を高めたノンアルワインです。
(※「酸化防止剤無添加ワイン」の原酒を使用ー日本で最も売れているワインの風味を活用。)

「ワインらしい味わい」を目指してアルコール0.00%。

ワインを蒸留し脱アルコールしたワインエキスを使用することで味わいと香りを実現。

サントリーが誇る、ソムリエの知見も活用し完成度を高めたノンアルコールワインです。

今回の、ノンアルでワインの休日の感想として、
1.ノンアルコールなのに豊かな気分になった。
2.ノンアルコールとは思えないアルコール感を感じるおいしさで驚いた。
3.味わい、香りが本格的で、アルコール入りだと思って飲んだのでビックリ。
4.スパークリングワインだと思って飲んだのでとてもビックリしました。

という4つの評価があったようですので、合わせてチェックして行きたいと思います。

サントリー ノンアルでワインの休日 白を見ていく!

まずはノンアルでワインの休日 白です。

果汁21%でフルーティな香りとすっきりした飲み口が特徴の、本格的な白のノンアルコールです。

ここで商品情報をチェック。

原材料名:果実(ぶどう)、糖類(砂糖、水あめ)、ワインエキス(ノンアルコール)/酸味料、炭酸、香料、乳酸Ca、酸化防止剤(ビタミンC)、カラメル色素、増粘剤(キサンタン)/原料原産地名 チリ製造(ぶどう果汁)

いざ飲んでみる!

実際に飲んでみると、香りはとてもスパークリングワインらしさがあるかなぁという印象です。

スパークリングワインテイストというだけあって、スパークリングワインだよと言われればわからないかもしれません。

実際に飲んでみるとアルコールっぽさはありますが、余韻はワインのように長くないので本格的なワインと言うよりはお手軽な炭酸飲料という感じでしょうか。

グラスに入れれば雰囲気を味わえますね。

よくあるおつまみとしてチョコレートと合わせてみましたが、カレ・ド・ショコラ マダガスカルホワイトは比較的相性のいいチョコレートでしたね。

…という訳で感想としてあった下の4つが正しいか見ていきます。

1.ノンアルコールなのに豊かな気分になった。
→〇ノンアルコールで豊かな気持ちになれます。
2.ノンアルコールとは思えないアルコール感を感じるおいしさで驚いた。
→〇アルコール感を感じられます、甘めの飲み物としてもおいしい。
3.味わい、香りが本格的で、アルコール入りだと思って飲んだのでビックリ。
→△味わいはもう少し味わいがあっても良いなと思いました。
4.スパークリングワインだと思って飲んだのでとてもビックリしました。
→△飲むとスパークリングワイン感は少なめですが十分ビックリすると思います。

結論:ノンアルでワインの休日 白、ありです。

サントリー ノンアルでワインの休日 赤を見ていく!

次に、ノンアルでワインの休日 赤です。

果汁18%の赤い果実の香りとワインらしい味わいの深みを感じる、本格的な赤のノンアルコールワインです。

ここで商品情報をチェック。

原材料名:果実(ぶどう、カシス)、砂糖、ワインエキス(ノンアルコール)/炭酸、酸味料、ブドウ果皮色素、香料、乳酸Ca、酸化防止剤(ビタミンC)、増粘剤(キサンタン)/原料原産地名 チリ製造(ぶどう果汁)

いざ飲んでみる!

赤ワインのスパークリングワインって、ランブルスコのようなのか、はたまた甘口のスパークリングワインのようになるのか。

実際に飲んでみると、香りはスパークリングワイン…感という印象よりはアルコール感と甘口ワインの中間みたいな印象です。

アルコール飲料というよりは、ノンアルでワインの休日 白よりも清涼飲料水で感じるような人工的な甘さがより感じられます。

赤ワインのスパークリングを作るのはやっぱり難しいのかな。

…という訳で感想としてあった下の4つが正しいか見ていきます。

1.ノンアルコールなのに豊かな気分になった。
→〇ノンアルコールで豊かな気持ちにはもちろんなれます。
2.ノンアルコールとは思えないアルコール感を感じるおいしさで驚いた。
→△個人的には、アルコール感と味わいがまとまっていないと感じました。ただ、甘口のスパークリングワインが苦手な方はこっちの方がいいのかもしれません。
3.味わい、香りが本格的で、アルコール入りだと思って飲んだのでビックリ。
→△個人的には味わい・香りとももう少し自然な味わいに近づくといいなぁ。
4.スパークリングワインだと思って飲んだのでとてもビックリしました。
→〇ビックリ感はあります。

どこで買えるの?

全国のスーパーなどの小売店またはオンラインショップでの購入が可能です。

最後に

いかがでしたでしょうか。

サントリーは、ワインサワーやワインソーダを販売したりと色々なワイン関連の商品を作り出しており、今回の新商品である「ノンアルでワインの休日 白と「ノンアルでワインの休日 赤」についても気になったのではないでしょうか。

ぜひお見掛けした際には手に取ってみてもらえると幸いです。

ほしいワインがどうしても見つけられない方は…こちら。

酒屋さんに行ったけど、
探しているワインが見つからない!
どんなワインを選んでいいかわからない!
というあなたにワインを選ぶ際におすすめの方法は3つです。

ジャケ買い」ならぬ「ラベル買い」

CDを買う際にはおなじみの買い方です。
最近では、ラベルのかわいいラベルやデザインにこだわったワインも増えているので初めての方にはお勧めです。

参考の記事はこちらから↓

②金賞を受賞したワインを選ぶ

ラベル買いだと美味しいワインじゃない可能性がある!と思われる方には、品評会で評価されたワインはいかがでしょうか。
日本または世界のワイン関係者が基準を基に選んだワインになりますので、客観的にみてもいいんではないでしょうか。
また選ぶ人が品評会によって異なるので、例えば女性が選んだワインもあるので客観的に見る上では一番いい選び方だと思います。

「でも品評会で選ぶと言ってもどんな品評会があるかわからない…」と思う方も多いと思います。

そんな方に参考の記事はこちらから↓

③とにかくいいワイン!

何でもいいからとにかく美味しいワインが飲みたい!と思った方には、もう高級なワイン一択でしょう。
高級なワインは、それぞれのワイナリーがその年で一番自信のあるワインをボトルに入れているので間違いありません。

参考の記事はこちらから↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました