GINZA NAGANOってどんなところ?~立ち飲みできるアンテナショップ~

ポートフォリオ

(2020年8月28日内容修正)

東京にあるアンテナショップには、いくつかお店の中でお酒・ワインを頂ける、角打ち出来るお店があります。

今回紹介するのは、長野県のアンテナショップ「GINZA NAGANO」。

 

GINZA NAGANOってどんな感じ?

長野県のアンテナショップなんですが、店内は色鮮やかに装飾されており、買い物意欲が出ます。

アンテナショップながら、角打ち出来るスペースがあり、ゆっくりも出来ますので雰囲気をのぞいてみます。

 

アンテナショップでお酒を飲む

グラスの奥にある塊は「信州たろう生ハム」といい、注文もできます。

今回は注文しなかったですが、次回は頼んでもいいな。

そしてそして注目の日本ワインは、もちろん長野県で醸造されているワインを頂くことが出来ます。

気に入れば店頭で購入も可能です。

さてまずは、

山辺ワイナリーのシャルドネ 樽熟成

説明文は、

山辺ワイナリーの自社畑で収穫したシャルドネを新樽に入れて発酵~熟成させました。 甘さのある樽香に、ハーブや若いメロン、リンゴ、バナナなどの香りが感じられます。 味わいは優しい口当たりの中にも果実味が感じられ、きりっとした酸味が鶏の唐揚げや山賊焼きなどレモンを添えた料理と合わせて楽しみたくなるようなワインです。 若さを感じるワインですので、時間をかけてお飲みいただくと更にお楽しみいただけます。

とあります。シャルドネは熟成期間が長い方が味わい深くなるのですがこちらは比較的早めかな。

しかしながら新樽なので樽香がしっかり目で印象はバニラ香。そのあとに感じるシャルドネの酸味がキッ!と来る。素晴らしいね。

ちなみに本日は、日本ワインはシードル含むスパークリングワインが2種で白は3種、赤は3種の中から選べます。

そして次は選べるワインの中から3種選べるテイスティングセットを注文。(これが一番お得)

それぞれ50ml注いで頂けます。

 

 

右から順に。

信州たかやまワイナリー ソーヴィニヨンブラン2018

ワイナリーのHPから説明文によると、

2018年、収穫期の長雨で栽培家の苦労もひとしおでした。収穫の幕開けを飾ったソーヴィニヨン・ブラン。ブドウの成熟度を調べ始める夏の終わり、味見したブドウから感じる香りに、生まれるワインを想像しワクワクしました。出来あがったワインを口に含むと酸とまろやかさが織り合わさったテクスチャーが心地よく、果実味が重なりスムーズに流れていきます。食欲をそそる味わいは、アペリティフから楽しんでいただけます。

ソーヴィニヨンブランというと酸が特徴的ですが、こちらはマイルドな酸の印象。これは食前酒として飲むといいかなといった感じ。飲み心地がいいです。

 

次は赤ワインへ。

コスパでお馴染みアルプスのミュゼドゥヴァンマエストロ塩尻シラー

裏の説明文から、

「自社農園アルプスファームにて収穫されたシラー種を使用し、フレンチオーク樽にて熟成されました。濃厚で黒系果実を彷彿させる味わいにエキゾチックなスパイス香が加わった力強くかつエレガントな赤ワインです。」

 

日本でも最近ワインに使われる品種として見かけるシラー。

シラーというとスパイシーな風味にエキゾチックという表現をされることが多いので、「野性味」という風に言われますが、こちらは日本という風土からなるぶどうなので「野性味」はありつつも全体的にスパイス香や黒系果実の印象は丸く感じます。

テロワールで変わるなー。

 

 

そして、最後は、

天下のサントリーさんのワインブランドであります、グランポレール安曇野池田 カベルネソーヴィニヨン。

以下は、ボトル裏面より、

「ワイン用ぶどう栽培に適した土壌・気候を求めて、私たちがたどり着いたぶどう園、それが安曇野池田ヴィンヤードです。
標高、平均580メートルの丘に、清々しい風が吹きわたります。
2016年の成熟期は天候不順により気が抜けない年となりましたが、8月上旬および9月上旬に日照に恵まれたことで、深みのある良質なぶどうが収穫できました。
果実由来のカシスの香りと樽熟成によるコーヒーやカカオの香りが調和した、力強さと熟成したタンニンの甘さが感じられる凝縮感あふれる日本ワインです。」

カベルネ・ソーヴィニヨンが好きな方には飲んで頂きたい。

果実味と樽香から出てくる甘さがいい味わいです。

 

もちろんおつまみも充実。

長野らしく、野沢菜わさびなんてのも注文できます。

ここにはないですが、日本酒もいただけます。

何より店員さんともお隣の方とも仲良くできる近い距離が、角打ちのいいところ。

 

ちなみに、感染症対策後に伺った際はちゃんとメニューも変更されてます。

均一価格でテイスティングメニューがなくなっております。

それでもお手頃なことには変わらないです。

はすみふぁーむ&ワイナリー 信州の甲州2018

長野県にあるはすみふぁーむ&ワイナリーが、山梨で圧倒的な栽培量を誇る甲州を栽培・醸造したワイン。

発想が面白いですね、やはり。

そしてこの時に購入したワインは、坂城葡萄酒醸造の猫目石シャルドネ2019ブログ内に掲載がありますので参考にして頂けると嬉しいです。

 

ワインのメニューも随時入れ替わりするので、銀ブラ終わりに伺いたいところです。

GINZA NAGANOの詳細情報

住所:東京都中央区銀座5-6-5

電話番号:03-6274-6015

営業時間 10:30~20:00

定休日:無休(年末年始のみ休み)

銀座NAGANO しあわせ信州シェアスペース
長野県の新感覚アンテナショップ銀座NAGANO。東京と信州をつなぐ長野県の首都圏情報発信拠点が東京銀座にオープン

 

#日本ワイン
#日本ワイン好き
#日本ワインを日常に
#銀座
#角打ち
#立呑
#長野ワイン
#山辺ワイナリー
#シャルドネ
#信州たかやまワイナリー
#アルプス
#グランポレール
#カベルネ・ソーヴィニヨン
#今年は飲めるだけ飲む
#休館日作ります
#ダブルピース
#ダブルピースケンゴ
#ここにもあったよ日本ワイン @ 銀座NAGANO

コメント

  1. […] 【銀座】銀座NAGANO ~立ち飲みできるアンテナショップ~年間365件以上の日… […]

タイトルとURLをコピーしました