シャトーメルシャン勝沼ワイナリー テイスティングは可能?イチオシのワインは?

ポートフォリオ

今回は、山梨県の勝沼といえば、歴史のあるシャトーメルシャンということでこちらへ伺う事に。

 

シャトーメルシャン勝沼ワイナリーとは

シャトーメルシャンは現在、

・シャトーメルシャン勝沼ワイナリー

・シャトーメルシャン桔梗ヶ原ワイナリー

・シャトーメルシャン椀子ワイナリー

の3つの拠点がございます。

もちろん畑はそれ以外の場所にも多く点在していますが、見学が可能なのは3つの拠点です。

シャトーメルシャンは、日本ワイナリーアワード2020にて最高賞の5つ星を3年連続で受賞したりと日本ではもっともコンクール受賞歴の多いワイナリーです。

シャトーメルシャンの歴史は、140年以上も昔の1877年に「大日本山梨葡萄酒会社」を創立したところから始まりますので、歴史が積み重ねた実績と言っても過言ではありません。

今回は、2010年にリニューアルした勝沼ワイナリーへの訪問です。

シャトー・メルシャン勝沼ワイナリーは、ヴィンヤードをはじめ、醸造所、ワイン資料館、カフェ、テイスティングカウンター、ショップ等の施設を備えた、シャトー・メルシャンの基幹となるワイナリー。ワイナリースタッフがご案内するツアー(事前予約:有料)のほか、ご予約不要で気軽に見学できるエリアもございますので、ぜひ、気軽にご来場ください。

https://chateaumercian.com/

ここはぜひ資料館へ来て頂きたいところですが、「勉強じゃなくてワインが飲みたい!」というそこのあなたに、シャトーメルシャンではテイスティングが可能です。

 

テイスティングはどんな感じ?

こちらがテイスティングカウンターです。

現在シャトーメルシャンでは、感染症対策としてテイスティングの時間が11:00~13:00、15:00~16:00の2部で場所が「屋外のみ」です。

こちらが訪問時のテイスティングメニューです。

ワイナリー限定品も多く、試飲してから購入も可能です。

ちなみにこちらが、新商品のワイナリー限定品のテイスティングメニュー。

9月1日に販売したばかりのワイン達も試飲が可能です。

早速注文して行きます。

今回注文したのは、この5つのワイン。

左から、

・大森ケルナー

「ケルナーはトロリンガーとリースリングの交配種として、ドイツで開発された品種です。このワインは、秋田県横手市大森地区で収穫されたケルナーから造られています。白い花、青リンゴなどのフレッシュな香りとさわやかな酸味をお楽しみください。」

・城の平 ロゼ2017

「このワインは、山梨県甲州市にメルシャンが所有する城の平ヴィンヤードで栽培されるブドウを100%使用しています。黒ブドウ由来の程よい厚みのあるボディと華やかなな香りのバランスの良い、辛口ロゼワインに仕上げています。」

・岩崎甲州 無濾過2019

「さわやかな香り、柔らかな果実味と奥行きのある味わいのワインです。ブドウ栽培とワイン醸造を学ばせるため大日本山梨葡萄酒会社がフランスに派遣した二人の青年、高野正誠と土屋龍憲の生家で現在も栽培するブドウを樽で発酵・育成し、無濾過で仕上げました。」

・北信ピノ・ノワール キュヴェ・アキオ2017

「赤い果実やヴァニラ、紅茶やスパイスのような香りとともに、程より酸と果実感、しっかりとしたタンニンをアフターに感じられるワインです。このワインは長野県北信地区でピノ・ノワールを使用。ピノ・ノワールの魅力であるエレガントな味わいが表現されています。」

・勝沼マスカット・ベーリーA2018

「山梨県甲州市勝沼地区の中でも特に特徴的なブドウが収穫される区画のブドウを主体に造られています。マスカット・ベーリーAを丁寧に醸し、オーク樽で育成しました。」

並べてみるとこんな感じです。

今回試飲したワインは、全てワイナリー限定品なのでインターネットでの購入はできませんが直接行けば購入可能です。

 

おすすめのワインは?

もちろんシャトーメルシャンでは、ワイナリー限定品以外のワインも充実。

現在ワイナリーでイチオシされているのは、インターナショナル・ワイン・チャレンジ 2019でトロフィー賞を受賞した、「シャトー メルシャン 北信左岸シャルドネ リヴァリス 2017」です。

とはいえ、さすがにこの価格のワインを毎日飲むわけにはいかないと思います。

シャトーメルシャンでかなり力を入れているワインは、「クオリティシリーズ」です。

日常に「日本ワイン」のおいしさをお届けしたい-。その想いで醸造家が感性を研ぎ澄ませて醸造した、新しい日本ワインのスタンダードとなるワイン。

https://chateaumercian.com/lineup/

という想いで造られたワイン。

ディリーワインとしても購入しやすい価格なのでおすすめです。

ラインナップは全部で3種類。

萌黄・ももいろ・藍茜は、全国のスーパーでも購入できるのでここからわざわざ買わなくても購入しやすいのでシャトーメルシャンのワインを手軽かつクオリティの高さを求めるならこの3つのワインがおすすめです。

筆者は、以前投稿した萌黄がイチオシです。

いかがでしたでしょうか。

シャトーメルシャンの歴史を知ってもらいたいので、ぜひ資料館へと言いたいところですが、まずワインを楽しんで気に入ってからワイナリーに行ってもいいかもしれません。

限定ワインも購入できるので、勝沼に行かれる際は是非参考にして頂ければ幸いです。

 

シャトーメルシャン勝沼ワイナリーの詳細情報

〒409-1313 山梨県甲州市勝沼町下岩崎1106

電話番号:0553-44-2218

営業時間:9時30分~16時30分

定休日:火曜日

コメント

タイトルとURLをコピーしました