【新たなスタートをしていたなんて…】Belly Beads Winery(ベリービーズワイナリー)ってどんなところ?

ポートフォリオ

みなさんは日本ワインを飲んでますか?

日本ワインを探して日々ワイナリーや酒屋さん、飲食店さんに伺っては投稿を続けて、ついに400軒を超えました。

日本ワインのあるところについては地図にまとめてますので、ぜひ活用して頂ければ幸いです。

ここにもあったよ日本ワイン - Google マイマップ
日本ワインのある飲食店、ワイナリーを一覧にしてます。

日本ワインとは日本国内で栽培されたぶどうを100%使用して日本国内で造られたワインの事を指します。

さて今回ご紹介するのは、長野県塩尻市にある「Belly Beads Winery(ベリービーズワイナリー)」です。

以前参加した帝国ホテルで開催されたNAGANO WINE FES in 東京2020でも参加していたワイナリーですが、どうやらあのころから変わった点があるようです。

早速見て行きたいと思います。

こんな方におすすめ
・塩尻・洗馬周辺で日本ワインをお探しの方
・日本ワインを飲んで日本を応援したい方
・長野県のワインをお探しの方

Belly Beads Winery(ベリービーズワイナリー)とは?

信州長野県塩尻市
古くからワインの生産地として知られてきたこの地で、
栽培から醸造まで品質・味を求め、
絶えず進化し続ける塩尻ワインのフロンティア
それがベリービーズワイナリーです。動き出したばかりの若いワイナリーですが、
ワインへの情熱を持った醸造チームが、手仕事でワイン造りを行っています。
まずは目の前のできることからこつこつと。
ベリービーズワイナリーは歩き続けます。
農家、醸造家、販売、サービス、ものづくりな人…
こだわりを持った仲間やワイン造りの楽しさ、塩尻の自然の恵みや生き物たち、そしてそれらに関わる全ての人々の個の輝きをつなげ、日本のおへそ(belly)に位置するこの塩尻から、
輝くビーズ(beads)の輪のようにつながりの輪を広げていきたい。

そんな想いが込められています。

ベリービーズワイナリーについて | ベリービーズワイナリー公式オンラインショップ/信州 長野県塩尻市のワイナリーのワイン直販サイト (bellybeadswinery.com)

もともとは、ご夫婦で運営していたワイナリーですが、2020年に王滝グループである株式会社王滝の傘下に入ったことで新生「Belly Beads Winery(ベリービーズワイナリー)」としてスタートしております。

…知らなかった!

ちなみに普段は、畑で仕事をしているため、御用の際はお電話しましょう。

看板はありますが、意外と見落としがちな場所にあるので来られる際は、地図で場所をしっかり見て行きましょう。

ワイナリーの中へ潜入してみる。

ワイナリーの中は売店なので、ワインを購入したい方は是非お立ち寄りください。

2019年ヴィンテージのワインは、風景が描かれたラベルでワインがリリースされております。

そして、2020年ヴィンテージのワインはアメリカンコミックで出てきそうな女性が描かれたラベルでのリリースです。

新生Belly Beads Winery(ベリービーズワイナリー)を印象付けるため、2019年ヴィンテージのワインとは全く違った雰囲気を出しております。

女性はそれぞれのぶどうのイメージで描かれたようです。

わかりやすいように背景が黒か白かで白ワインか赤ワインかが判別できるようになっております。

ちなみにBelly Beads Winery(ベリービーズワイナリー)では現在全て買いぶどうでのリリースでこのラベルは、今後も買いぶどうのワインをリリースする際に使用される予定です。

現在は、安曇野産のぶどうでワインを造っていますが、今後は塩尻市産のワインでリリースしていく予定です。

ベリービーズワイナリー公式オンラインショップ/信州 長野県塩尻市のワイナリーのワイン直販サイト
【全国発送】信州長野県塩尻市でワインに適した環境のもと自然との共存を考えた栽培・低温醸造で塩尻ワインを造っています。外食事業47年のノウハウが生み出したワインはおうちごはんと相性抜群。塩尻駅徒歩3分の直売所では試飲も可能です。

醸造施設をのぞき見。

新生Belly Beads Winery(ベリービーズワイナリー)を印象付けたいところですが、施設自体は以前からある施設を利用しております。

もともとは中華料理屋だった建物をリノベーションしたため、壁には自然の絵がそのままになっております。

ちなみに醸造アドバイザーとして、111VINYARD(ヴィンヤード)の川島さんが入っており、その他2名を含めた計3名でワイナリーのワインが造られております。

買いぶどうが搬入されたら、機械を使って除梗と破砕を行って行きます。

除梗(じょこう)とは、ぶどうの茎の部分を取り外す作業で破砕(はさい)とは除梗(じょこう)されたぶどうの粒を軽く潰すことです。

タンクの中でワインになるべく発酵中です。

樽も完備されており、樽熟成中のワインもございます。

こうして瓶詰めされてみなさんの手元にワインがわたっていくんですね。

最後に

いかがでしたでしょうか。

新生Belly Beads Winery(ベリービーズワイナリー)という事ですが、なかなか外出できる状況ではないこともあり、まだまだこれからという印象です。

気になった方は、ぜひ立ち寄ってみて頂けると幸いです。

Belly Beads Winery(ベリービーズワイナリー)の詳細情報

住所:〒399-6461 長野県塩尻市宗賀2372−1

電話番号:0263-87-0570

営業時間:9時00分~17時00分

定休日:土・日

ベリービーズワイナリー公式オンラインショップ/信州 長野県塩尻市のワイナリーのワイン直販サイト
【全国発送】信州長野県塩尻市でワインに適した環境のもと自然との共存を考えた栽培・低温醸造で塩尻ワインを造っています。外食事業47年のノウハウが生み出したワインはおうちごはんと相性抜群。塩尻駅徒歩3分の直売所では試飲も可能です。

Belly Beads Winery(ベリービーズワイナリー)に興味を持った方はこちらもおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました