ワインならリカーズハセガワ北口店で買おう

ポートフォリオ

東京駅にあるリカーズハセガワ本店は八重洲地下街にありますが、実は日本ワインの品揃えなら北口店の方が豊富です。

そこで今回は、以前紹介したリカーズハセガワ本店ではなく同じ東京駅八重洲地下街にあるリカーズハセガワ北口店を調べてみることにします。

 

リカーズハセガワ北口店とは

輸入ワインを中心にワイン800種類のうちイタリア約200種類・フランス約200種類の品揃え。
シャンペンとスパークリングワインもそれぞれ100種類ほど用意しております。
また清酒は全国の20以上の蔵元と直接取引を行い、おいしいお酒を集めております。
ビールは、250種類ほど展開して、店舗でお待ちしております。

https://www.liquors-hasegawa.jp/corporate/Northshop.html

本店はウイスキーやバーボンのような「蒸留酒」が豊富でしたが、北口店はワインや清酒のような「醸造酒」と言われるお酒の取り扱い豊富です。

場所はJR東京駅に隣接している大丸地下1階から続く道から、東京駅八重洲地下街へ歩いていくと発見出来ます。

外観はこんな雰囲気。

ワイン…があるようには一見すると見えないですね。

ここもやっぱり本店と同じような品揃えなのかなとも思えるお店ですね。

 

日本ワインは果たして…

実は日本ワインは店内入口入ってすぐに壁一面にずらりと並んでます。

実は一番推しているのが「日本ワイン」です。

品ぞろえも素晴らしく、北は北海道から南は九州までこの一面全てが日本ワインです。

恐らくこの店舗のすごいところは棚の上段にある大手ビールメーカーのワインの種類が豊富なところにあります。

豆知識として、大手ビールメーカーのワインはヴィンテージが1年経過するごとに酒屋さんで購入する際の価格が上昇しているので、一番新しいヴィンテージが発売されてから購入すると良いのです。

そして、このお店でも若いヴィンテージを買うことを推奨しています。

お店で最も高い日本ワインは、高級な日本ワインの投稿でも取り上げた登美の丘ワイナリー 登美ノーブルドール2006

香り:蜜、ドライアプリコット、長期熟成によるナッツ香などを想わせる。
味わい:貴腐ワイン特有の深みのある芳醇な香りと、濃厚でエレガントな味わい。

https://www.suntory.co.jp/

普段であれば、貴腐ワインを店頭で見かけることは多くないですが、リカーズハセガワでは取り扱いありです。

品揃えが充実しすぎてると感じるくらいです。

もちろん日本ワイン以外のワインや日本酒などなど販売されているので、リカーズハセガワ本店に来たら足を少しだけ伸ばして北口まで来てみるのがおすすめです。

 

 

リカーズハセガワ北口店の詳細情報

住所:〒104-0028 東京都中央区八重洲2−1

電話番号:03-3271-4085

営業時間:10時00分~20時00分

リカーズハセガワ 北口店概要 | リカーズハセガワ オフィシャルサイト
会社名 有限会社八重洲長谷川酒食品 本社所在地 東京都中央区日本橋3-6-7-205 店舗数 2店舗(リカーズハセガワ本店、北口店) 会社設立 1967年(昭和42年)4月20日 代表取締役 荒木 賢治 Webサイト及びオンラインショップ:担当者名 大澤 周作

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました